国際教養科の紹介

旭高校国際教養科は、平成4年度の発足以来、語学教育と国際理解教育の充実に力を注いできました。そのため英語のほか、第2外国語として6つの外国語(ドイツ語・フランス語・中国語・韓国朝鮮語・イタリア語・スペイン語)を選択できるようにしています。また国際理解教育についても、他国の文化だけでなく自国の文化についても掘り下げて学習・研究していきます。
異文化理解の講演会・海外研修旅行・イギリス語学研修・オーストラリア語学研修なども実施しています。海外からの留学生の受け入れ、外国からの修学旅行生との交流など、さまざまな国の人々とふれあいを大切にしています。
皆さんも旭高校の国際教養科で異文化に触れ、国際理解について学んでみませんか。

校門を入ると上のような立て札があります。各国の言葉で歓迎の意味を表しています。「ようこそ旭へ」という意味です。
どこの国の言葉かおわかりでしょうか?


*印は、国際教養科生徒が第2外国語で学習できる言語です。