校長挨拶


☆本校生徒が育てた「旭」の花文字の前にて

 大阪府立旭高等学校のホームページにお越しいただきましてありがとうございます。
 校長の 横山 強 です。

 本校は昭和27年(1952年)に48番目の大阪府立高等学校として設立されました。今日まで60年以上の歴史をもつ学校です。

 学校は幼稚園、小学校、中学校などの教育施設が周辺にある旭区の閑静な地域にあり、勉学はもちろんのこと高校生活に適した環境を有しています。
 平成4年(1992年)には開校以来、普通科高校であった本校に国際教養科が併設され、以前にも増して国際関係の教育活動を行うようになりました。本校を希望する留学生も多く、本校生と共に学び、1,000人を超える生徒たちが学校生活を送っており、普段から活気にあふれています。

 本校では、基礎基本の学習を大切にすることはもちろんのこと、応用や専門性の学習に繋げ、学習満足度を高めていきたいと思っています。また、学習面以外でも普通科と国際教養科の生徒が、自らの力で学校行事や部活動に取り組み、生徒どうしが様々な形で関わり合いながら共に学び、共に助け合い、成長しています。

○ 進路実現に繋がる確かな学力
○ グローバル化の進む社会で活躍できる力
○ 夢や目標にモチベーション高く向かい、リーダーとなりうる社会人基礎力

これらの力をしっかり育むことを目標として、生徒と教職員が一体となり、一層教育活動に励んでまいります。

中学生の皆さま、将来旭高校生となって国際感覚を養い、たくさんのことを学び、さらに友達や仲間と協力し合って充実した高校生活を送りましょう。ぜひ一度、自分の目で確かめるために学校見学にお越しください。皆さまのご来校を旭高校教職員一同、お待ちしています。

 保護者や地域の皆さまに本校を知っていただくためにも学校の情報を発信し、教育や行政等の関係機関等とさらに連携を深め、開かれた学校運営に努めてまいります。
 これからも本校の教育活動に対しましてご支援、ご協力を賜りますようお願いいたします。

大阪府立旭高等学校
校長 横山 強