姉妹校

オーストラリア、ドイツ、タイの学校と姉妹校提携をして交流しています。


2006年9月 オーストラリア南部 サウスオーストラリア州アデレード市にあるアデレードハイスクール(Adelaide High School)
と姉妹校提携に調印しました。旭高校 アデレードハイスクール 両校校長の調印により、今後も学生の交換などを通して交流を深めていこうと約束しました。

アデレード市(Adelaide)はオーストアリア南部 サウスオーストラリア州の州都です。南極海に通じるセントビンセント湾に面し、人口は2001年に100万人を超え、オーストラリア5番目の都市となっています。

芸術とワインの街として有名で、毎年3月には1年交代でアデレード芸術祭とバロッサ・バレー・ワイン祭が開かれます。オーストラリアの代表ワインを数多く製造するバロッサ・バレーのワイナリーは、開拓当時ドイツ、オーストリア系移民が始めたものです。
1836年にウィリアム・ライト大佐の都市計画に基づいて設計され、ヴィクトリア広場を中心に整然とした道 が碁盤の目のように通じています。1.6km四方の街並みを緑あふれる公園が 取り囲むコンパクトで洗練された街で、街並みもどこかヨーロッパ風です。アデレードの地名は19世紀のイギリス国王ウィリアム4世の王妃アデレードにちなんでいます。
アデレードハイスクールは1908年創立のサウスオーストラリア州で最も歴史と伝統のある学校で、日本の中学・高校にあたる学年の生徒が学んでいます。


2009年9月23日 ドイツハンブルグ市にあるヘレネランゲ・ギムナジウム(HeleneLangeGymnasium)と姉妹校提携に調印しました。
旭高校から井上校長以下10名の教員・生徒が9月19日からハンブルグ市を訪れ、両校校長の調印により、両校は互いに友好関係を築いていこうと約束しました。
また 今回の訪問は 大阪市がハンブルグ市と姉妹都市提携をおこなっているため、平松大阪市長の親書を預かりハンブルグ市長に手渡すという重要な役目も担っていました。大阪市民の代表としても行動しました。

ヘレネランゲギムナジウムは100年の歴史を持つ進学校で、ヘレネランゲという女性が創立し、以来女性校長が続いている学校です。
今後とも互いに交流し留学生を受け入れるなどの交流を深めていくことになります。

ハンブルグ市はドイツの北西部に位置する都市の一つで、正式には、自由ハンザ都市ハンブルク(Freie und Hansestadt Hamburg, フライエ・ウント・ハンゼシュタット・ハンブルク)といい、2006年現在 人口は約175万人 9世紀から続く歴史のある街です。
行政上では、ベルリン特別市と同様に、一市単独で連邦州(ラント)を構成する特別市、エルベ川沿いの港湾商業都市で、ドイツ北部における経済の中心地として栄えています。大阪市とは1989年以来姉妹都市提携をおこなっています。


旭高校に3校目の姉妹校が誕生しました。 以前から交流があり、本校生も留学していたタイ王国の首都バンコクにある サトリ・シ・スリヨータイスクール(Satri Si Suriyothai School)と姉妹校になりました。
2010年3月5日 本校校長が訪タイし、正式に調印をおこないました。

サトリ・シ・スリヨータイスクールは、バンコクの中心を流れるチャオプラヤ川のほとりにあるバンコクでも有数の中高一貫の女子学校です。2009年11月にはサトリ・シ・スリヨータイスクールから7人の生徒と2人の先生が旭高校を訪れ国際教養科の生徒たちと交流をおこないました。
今後も本校からもスリヨタイ高校へ留学し勉学に励もうとする生徒がいて、これからも強い交流を深めていこうとしています。タイの高校と姉妹校提携をするのは大阪では2番目になります。

姉妹校提携に関する合意書
大阪府立旭高等学校とサトリ・シ・スリヨータイスクールは文化的・教育的交流を通じて共益をもたらし、互いに学びあい、生徒、教師、保護者をグローバルな相互理解へと導くべく姉妹校提携を調印する。両校は次の努力を惜しまない。
  1. 常時相互にコミュニケーションを取る
  2. 授業及び学校生活を通じて姉妹校の友好関係を深める
  3. 交換留学・交換プロジェクトを促進する
  4. 姉妹校関係の成果を絶えず評価する