研究授業

平成23年11月10日実施の英語公開研究授業の指導案及び授業使用プリントです。
1単元分を載せています。ラウンド制指導法を利用した普通科1年生の英語Ⅰの授業です。

英語公開授業学習指導案(PDF)
英語公開授業使用プリント1(PDF)
英語公開授業使用プリント2(PDF)
英語公開授業使用プリント3(PDF)
英語公開授業使用プリント4(PDF)

レシテーション

国際教養科2年の英語スピーチ

「自分が一番みんなに訴えたいこと」
 2年国際教養科の英語表現の授業で、各自テーマを設定して、約2分間の英語スピーチを行いました。「自分が一番みんなに訴えたいことは何だろう?」と、頭を悩ませながらのタイトル決め。あらすじ、イントロ(導入部分)チェックなどをおこない、10月のシンガポールへの修学旅行後に原稿提出。ネイティブチェックを終えた後の暗唱練習。友達やマイク先生とのリハーサル後、11月18日~22日にかけて授業でスピーチ発表をおこないました。
 「好きなスポーツ」「学校生活」といった身近なテーマから「東日本大震災を通して考えたこと」「世界遺産」「韓国と中国」「K-POP」といった多岐にわたるテーマの発表があり、発表するほうも聞くほうも楽しみながらスピーチ大会をおこなうことができました。
 発表後、CALL教室のコンピュータを利用して、スピーチをワード入力し、各クラス1冊ずつ、写真やイラストたっぷりの素敵なスピーチ文集を製作しました。「英語でスピーチを書くのは大変だったけれど、楽しかったし英語の力がついた」という感想がありました。

スピーチ発表のベスト3
1位 2年A組 近江さん Differences of English
2位 2年B組 木村さん My Life
3位 2年A組 高野くん Australian families

1位の近江さんは、旭高校代表として、「イングリッシュ・フォーラム」(1月28日開催)の2年スピーチの部に出場し、開会式直後のトップバッターであったにもかかわらず、落ち着いてスピーチを披露しました。

スピーチ文集
2年A組 前半スピーチ文集(PDF)
2年A組 後半スピーチ文集(PDF)
2年B組 前半スピーチ文集(PDF)
2年B組 後半スピーチ文集(PDF)

スピーチ

英検2級、準2級の合格を目指し、総合的な英語力を伸ばしたい人を対象に、6月から毎週土曜日に外部講師による特別レッスンを実施しました。

受講申込者数
(前期)1年生 28名   2年生 42名
(後期)1年生 21名   2年生 23名

終了時アンケートより (回収42名)
Q. 自分にとって1番役立った内容は何ですか?

リスニング12
発音、音ルール 9
TVやラジオ番組の紹介6
(虫食い)音読4
勉強法3
small talk3
速読 2
全て 2

Q.(受講前と比べて)日頃の英語学習の取り組みは変わったと思いますか?

はい(下に具体的に書いてください)24
いいえ17

Advanced Class

大阪府教育委員会が主催し、留学や海外の大学を目指すなど、英語力の向上を目的として、ネイティブ講師による講座が5月7日(土)から2月18日(土)まで30回開催されました。
本校からは、3年生の平下真衣、2年生の加藤拓也の2名が、選考の結果受講することができました。

『Advanced Class を受講して』
私は今回、英検2級の取得と、英語教師を目指して力をつけたいと思い、このAdvanced Classに応募しました。
私は29回の講習に出席しましたが、そこでは毎回英作文の課題が課せられました。11月以降も相変わらず英作文の課題は出されましたが、会話中心の授業となりました。中でも、ネイティブの先生がグループ分けし、そのグループの人と英語だけで話し合うという授業は、とても楽しかったです。このクラスを通じて英会話力を伸ばすことができ、私にとってとても役に立ったと思います。

英語教員の研修

大阪府教育委員会が主催し、受講者が「使える英語」の授業実践力を向上させることを目的として、ブリティッシュ・カウンシル講師による研修が7月25日(月)から同29日(金)までの5日間行われました。本校から坂本優美子教諭が参加しました。

『British Councilによる研修を受けて』
夏休み中の5日間、90分の授業を4コマ行うという、しかも全て英語で、参加者同士も英語で話すという内容の講座でした。大阪の公立高校の英語の授業の改革のための具体的な指導法とその根拠になる理論も合わせて学ぶことができたので、一教師として大変為になったことは言うまでもありませんが、この講座でたくさんの素晴らしい先生達に出会えました。彼らに出会えたことは、私の刺激にもなり、宝物になったと思っています。

English Forum

2012/1/28 於:エル大阪(天満橋)
昨年までの、国際関係科設置校のインターナショナル・フェスティバルは、今年からイングリッシュ・フォーラムに名を変えて、府教委主催の使える英語プロジェクトの発表大会となり、33校が参加しました。
旭からは、上記の英語スピーチ、暗唱大会の優勝者の、近江さん(2年国教)、砂川君(1年普通)、斎藤さん(1年国教)、さらに、第2外国語6言語のパフォーマンスに12人が参加しました。英語のスピーチや暗唱では、堂々と発表ができました。
また第2外国語のパフォーマンスでは、英語以外の言語もやるぞという旭の意気込みも見え、他校ではまねのできない6言語の寸劇に、会場から絶賛の拍手が湧きました。審査対象外でしたが、この寸劇に対して審査員からは次のような感想をいただきました。
“Very dramatic! You were all fantastic! What a great idea, doing so many different languages! ” “ I can only say this : Oh my God! ” “ This was so amazing and inspiring”