センター附属高等学校との連携


1. 連携した授業づくり  2. 連携した研究  3. 関連リンク


◯「ナビゲーションスクール」


 大阪府教育センター附属高等学校は、大阪の教育課題解決のモデルとなるナビゲーター的な役割を果たす学校です。
 大阪府教育センターは、センター附属高等学校がその役割を果たせるよう、附属高校との連携・協力を推進し、
センター附属高校で大阪府全体の教育力の向上に資するさまざまな実践・研究を展開しています。
 今後、連携・協力する分野をさらに広げ、その成果を検証し発信してまいります。


  大阪府センター附属高等学校は、その教育活動全体を通じて「ナビ(NAVi)」を推進する学校です。

  :望ましい人間関係を形成する力( Network )を育成
  :教育センターと附属高等学校が一体となって支援Assistance )
  :将来の生き方や生活について意思決定する力( Vision )を育成
  :有用な情報を活用する力( Intelligence )を育成



1. 大阪府教育センターと附属高等学校が連携した授業づくり


  ◯学校設定科目「宇宙講座」への協力(平成23年度〜)


   ・平成23年度から実施している学校設定科目「宇宙講座」において、教育センターの施設である天体望遠鏡を
    附属高等学校の生徒に開放するとともに、天体望遠鏡製作における講師をセンター指導主事が行っている。

     →「宇宙講座」(附属高等学校ウェブページ)


  ◯教科会との連携


   ・理科の定例の教科会に指導主事が出席。年2回、特別授業を実施。
      (1学期は附属教員が行う特別授業のサポート、3学期は指導主事が授業

  ◯「探究ナビ」における連携


     →「探究ナビについて」(附属高等学校ウェブページ)



2. 大阪府教育センターと附属高等学校が連携した調査・研究


  ◯文部科学省事業


   ・多様な学習成果の評価手法に関する調査研究(平成25〜27年度)

  ◯大阪府教育センター「調査・研究事業」への研究協力


   ・「iPad等のタブレット端末を利用した授業方法の開発及び授業実践」(平成25年度)



3. 関連リンク


大阪府教育センター附属高等学校 ウェブページ




          大阪府教育センター附属高等学校のお知らせ(開校に向けての情報、コンセプトなど)


このページの先頭へ