活動報告 20122013 2015

大阪府立園芸高等学校スーパーサイエンスハイスクール研究指定校事業

 文部科学省が指定するスーパーサイエンスハイスクール(SSH)は、将来の国際的な科学技術系人材を育成するために、先進的な理数系教育を実施する学校として指定された高等学校で、科学技術振興機構からカリキュラム開発・実践、課題研究の推進、体験的・問題解決的な学習等への支援を受けます。
 園芸高校は農業高校として、岐阜農林高等学校、西条農業高等学校(広島)とともに、全国で初めて
SSH校に指定を受けました。

園芸高校のSSH事業テーマ
平成24年度〜平成25年度
農業系専門高校として、バイオ、食品、製薬、化学、環境分野の科学技術者の養成を
主眼に、生命系科学技術の取扱いの素養に富む人材育成に貢献する科学技術教育と農業
高校生の基礎学力・英語力向上の教育プログラムの研究開発」


平成26年度〜平成28年度
「農業系専門高校での科学技術教育と英語力向上教育」
                   

年間取り組み計画
◎学校設定科目「基礎学力」・「Science」等◎
専門領域の学習の前提となる基礎学力の向上に取り組みます。英語と理科の融合科目「Science」等の開発に取り組みます。
◎校外研修活動等◎
理化学関連企業、バイオ・食品関連企業および研究所において先端領域の講義、実習を受けます。
◎生徒研究活動支援◎
バイオサイエンス科付設の専門部(バイオ研究部、分析化学部、食品化学部、応用農産加工部、食品製造研究部)、環境緑化科付設の専門部(ビオトープ部、環境科学部、資源利用研究部)、フラワーファクトリ科付設の専門部(草花部、ハニービーサイエンスクラブ)および科目「課題研究」におけるバイオ、食品、製薬、化学、環境分野の科学技術に関連する生徒研究活動の支援を行います。
◎国際性の育成◎
「異文化環境で実践的に学ぶ生命技術、農業・食品技術、環境保全に対する基本的姿勢」をテーマに農業関連の科学技術の国際的な共通性を理解するとともに、海外の自発的、積極的な学習姿勢を直接的・体験的に学習します。
オーストラリアの高等専門教育機関等においてフードサイエンスに関する研修を計画中です。
◎社会貢献活動(小中連携活動)◎
SSH事業での成果普及の一環として、学科付設の専門部によるバイオ系、食品系科学技術の小中学生に対する、実験実習指導、科学啓発活動の取り組みを支援します。
◎高大連携◎
生命科学技術の最先端の領域について大学の先生の講義を受けます。生徒研究活動の指針となる実験・調査技術について大学等の研究者から指導を受けます。
◎生徒研究の発表活動の支援◎
校内、校外での発表会や研究コンテストへの参加、応募への支援を行います。
◎理科科目追加履修◎
本校通常の教育課程にない理科科目「物理基礎」を実施し、理科全般に関する素養の向上を図ります。
HOME

各年次報告書のダウンロードはこちらから