PTAによる諸行事もあります。)
このほかにも病院の行事にも積極的に参加しています。
昨年度の主な行事
4月 入学式・始業式
入学・進級を祝う会
6月 定期テスト(中学部)
中学部修学旅行
運動会
7月 お楽しみ会
定期テスト(中学部)
終業式
8月 夏季補習(中学部) 登校日(小学部)
9月 始業式
校外学習(全校合同)
10月 小学部修学旅行
実力テスト(中3)
PTA行事
11月 実力テスト(中3)
12月 定期テスト(中学部)
病院クリスマス会参加
終業式
冬季補習(中学部)
1月 始業式
実力テスト(中3)
2月 作品展
学年末テスト(中学部)
3月 卒業・進級を祝う会
卒業式・修了式
大阪府立母子保健総合医療センター分教室
泉北高速鉄道 
 光明池駅より徒歩5分
地図
アトリウム壁画(自立活動の時間に製作しました)
アトリウム壁面
母子保健総合医療センター分教室は、大阪府立羽曳野支援学校の分教室の1つで、入院、療養中の小・中学生の教育を行っています。公立学校で、授業料は必要ありません。

母子保健総合医療センターに入院している児童・生徒(小1〜中3)を対象としています。

小学部3学級、中学部2学級、小学部たんぽぽ学級2学級、中学部ひまわり学級1学級があります。(平成26年度)

学習は小児科病棟3〜5階のカンファレスルームで行っています。

病状によりカンファレスルームに来ることができない場合は、ベッドサイドで授業または面会を行っています。

学習内容はそれぞれの学年に対応させています。
地域校(入院する前に在籍していた小・中学校)と連絡をとり個々の児童・生徒の学習進度に合わせて授業を進めています。
また、それぞれの児童・生徒の発達段階に応じた学習活動を行っています。

病気の不安に加えて、子どもは学校に行けなくなると「みんなから忘れられる」「社会からドロップアウトする」という危機感を持ちやすいものです。学習を継続できることで、心理的な安定を得られ、教員が話し相手、相談相手になれることも院内での教育の意義です。

学校を休むことで学習の遅れが生じます。病院内での教育は学習の遅れを補充し、学力を保障します。

入院中の限られた空間と生活リズムに変化を与えることができます。

医療関係者の中には、学校教育を受けている病児の方が治療上の効果が上がることを経験的に指摘する人もいます。

もし、お子さんが病気で入院されましたら、ぜひ、分教室の教育をご活用ください。手続きについては、病棟の看護師長さんにお問い合わせください。
光明池セミナーのご案内

 
毎年度、「光明池セミナー」を開催しています。
 詳しくは、トップページ案内よりおすすみください。
所在地
 
〒594-1101
 大阪府和泉市室堂町840
  大阪府立母子保健総合医療センター内
 電話:072-556-9085
羽曳野支援学校トップページへ
大阪府立母子保健総合医療センター外観
病院外観