学科紹介
学校説明会


芸能文化科


芸能文化科は、単に伝統芸能を学ぶだけの学科ではありません。「舞台芸術に関する総合的な専門学科」です。

大阪府「スクールカラー・サポート事業」の対象校に指定され、演劇領域、映像放送領域の更なる特色づくりを進めています。
コンピュータグラフィックス(アニメーション映像やキャラクターの基礎課程)の専門科目を開設しました(平成22年度)
演劇領域の専門科目を更に充実します。
 
大半が進学(大学、専門学校)します。
関西大学 (映像文化専攻等)、近畿大学 (舞台芸術専攻等) などの指定校推薦があります。
 
芸能文化分野の仕事に就いている多数の卒業生がいます。
 
大学との連携、大阪芸術大学、近畿大学(舞台芸術専攻)による指導を受けています。

次の図のとおり、芸能文化科は、演劇領域、映像放送領域、伝統芸能領域の3領域から構成され、舞台芸術に関して総合的に学ぶことが出来ます。




以下は、各領域に特に関係深い内容を例示しました。

演劇領域・・・
 ☆舞台芸術の基本(東西の作品を通じ舞台芸術の基本を学ぶなど
 ☆実習(身体表現、演技表現)
 ☆演技表現(役作りの基本、脚本の解釈など演劇の理論と実技)
 ☆伝統芸能(演劇の基本となる動きや表現として、能・狂言・落語・日舞などの実習)
 ☆舞台技術(舞台美術、舞台照明・音声・映像)
 ☆創作実習(脚本づくり、舞台づくり演技・演出・効果など総合的に学び演劇創作)


映像放送領域・・・
 ☆舞台芸術の基本(東西の作品を通じ舞台芸術の基本を学ぶなど
 ☆映像表現(映像放送の理論と実技)
 ☆放送(番組制作基礎、発声やアクセントなどアナウンスの基礎)
 ☆伝統芸能(日舞、落語、能・狂言から選択して、演者として体験する)
 ☆舞台技術(舞台美術、舞台照明・音声・映像)
 ☆創作実習(カメラ技術を深く学び放送作品創作) ・・・など。

伝統芸能領域・・・
 ☆舞台芸術の基本(東西の作品を通じ舞台芸術の基本を学ぶなど)
 ☆芸能史(古典、近代の芸能史)
 ☆実習1(箏曲、落語、日本舞踊、能・狂言)
 ☆実習2(箏曲、落語、日本舞踊、能・狂言を深く学ぶ)
 ☆実習3(長唄三味線、鼓を深く学ぶ)
 ☆演技表現(歌舞伎や室町時代などの歌謡を学ぶ)
 ☆創作実習(古典芸能を深く学ぶ)
・・・など。