学校行事
A way to Taiwan
〜到台湾的道〜


2009 12月 << >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
学校説明会


A way to Taiwan 〜到台湾的道〜

☆ヒガスミ54期生 修学旅行特集ページ☆

54期生は台湾へ行きました。
修学旅行中、活動の様子をブログで台湾から日本へ、リアルタイムで報告したものを掲載しました。
ブログTOP
<<前の日の記事 次の日の記事>>
桃園国際空港から三峡へ〜修学旅行メモリ 三昧編2〜
2009/12/27(日) 午前 11:42






桃園国際空港に到着し,長い廊下を歩いて,入国審査へ.なぜだか,桃園国際空港では
入国審査場でも写真が撮れます.「入国」ではなく「入境」と書かれた方へと歩いていきます.
入国審査場は,ヒガスミ生で溢れかえっていました.人生で初めての異国の地.そういう
生徒も多かったと思います.ここでパスポートに二つ目のスタンプ.みんなみてくれたかなぁ・・・.
日本の出入国のスタンプに比べて,台湾のスタンプはオシャレでしたよね?(そう思うのは僕だけでしょうか?)
まったくの余談ですが,某テレビ番組で珍獣ハンターをしている女性お笑い
芸能人のパスポートは一体,どれだけたくさんのスタンプで埋め尽くされて
いるのでしょうか?そんな小さなことが気になるのが僕の悪い癖なのかもしれません.

ターンテーブルで荷物を受け取り,各バスへ移動.そして,現地ガイドとご対面.
流暢な日本語を話される方ばかりでしたが,彼ら彼女らの日本語に違和感を覚える
生徒もいたようです.でも,これもまた経験なのです.きっと,我々日本語を母語
とする者が話す英語や中国語だって,それらを母語とする人たちには違和感満載の
発音になっているわけでしょう.コミュニケーションの基本は「相手を理解しようと
する気持ち」に尽きるなぁ,と思います.

バスは一路三峡の街へ.高速道路の標識はグリーン.日本とは全く違和感がないように
思いますが,ただ一つ大きな相違点が!!台湾は右側通行.車のナンバーも日本のものとは
まったく違う.当たり前なのですが,こういう点で「思えば遠くへ来たもんだ」と思って
くれたかなぁ・・・.台湾でもETCが進んでいました.

さて,小一時間ほどの車窓の旅を終えると三峡へ.三峡の街中での風景写真をどうぞ.












クロワッサンソフト,祖師廟,老街・・・台湾なのですが,日本人が懐かしいと思う
風景のような気がします.風光明媚な場所ですが,パックツアーではなかなか来ることが
ない街で,こういう街が今回のコースに入っていたのは非常に価値があると思います.
選んでくれた富田先生や旅行会社の人に感謝!!太感謝了!!

コメント
育成の人らヒガスミ来るってマジすか?

2009/12/27(日) 午後 7:30[ 文系男 ]
松本です。オフィシャルには、連絡はありません。でも、そうなればいいな、とは思います。

2009/12/27(日) 午後 8:30[ ヒガスミ ]

出発
2009/12/27(日) 午前 11:06






12月15日.関空の北広場に集合して出発.
海外旅行の経験がある生徒から,飛行機に乗るということ自体初めての生徒まで.
ワクワクドキドキの集合.初めて手にするパスポート.初めて手にする搭乗券.
何もかもが初めての経験で,それだけでテンションが上がる人もいました.
手荷物を預け,ボディチェック.コートやジャケットのような上着も脱がされ,
さらには長いブーツを履いていた人はブーツも脱がされ.これが例外のない
テロ対策なのです.空港のお仕事って厳しい!!そして,出国審査.初めてパスポ
ートに押されるスタンプ.自分自身の「初めて海外」を思い出すと,スタンプを
押してもらっただけでなんとなく海外,と感じたことを思い出します.
ボディチェックや出国審査場で写真を撮ろうとして警備員に怒られていた人も.









そしていよいよ搭乗.機内では,B団は,チキンライスか,ビーフスパゲティの機内食.
日本語を話せるキャビンアテンダントが対応してくれた人もいて,そんなに国際線と
いう雰囲気もなかったかも?そんな機内の風景から何枚かの写真を.