学校行事
A way to Taiwan
〜到台湾的道〜


2009 12月 << >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
学校説明会


A way to Taiwan 〜到台湾的道〜

☆ヒガスミ54期生 修学旅行特集ページ☆

54期生は台湾へ行きました。
修学旅行中、活動の様子をブログで台湾から日本へ、リアルタイムで報告したものを掲載しました。
ブログTOP
<<前の日の記事 次の日の記事>>
育成高級中学へ3
2009/12/29(火) 午後 4:16


















ステージ発表の写真をアップします.
事前に休校になり,現地ではホテルなどで練習する時間もなかったにも関わらず,よい発表ができたように思います.生徒からのアンケートでもこの点について,様々な意見をもらいました.来年度以降に引き継ぎ,よりよいものになるようにしていきたいと思います.
練習などの点において,辛い状況であったにも関わらず,見ごたえのあるパフォーマンスを披露してくれた生徒らに拍手を送りたいと思います.

コメント(3)
ほんまもう一回会いたい

2009/12/29(火) 午後 8:06[ A ]
こんにちは 私は育成高級中學の学生が当日に講
堂で録画した学友の私のここがその他に当日の
映画があるのなので、私は探したいです
松本 拳志郎 学友
あなた達が台湾に来る前に通信のとても惜しいこと
があってしかしひとまず着くことができる機会がありません!

これは私のBLOGです
http://www.wretch.cc/blog/raja6643
は使ってホームページを訳しま
す あまり正しくありません諒察されたくてもらいます

2009/12/29(火) 午後 8:15[ JAZZ ]
JAZZ学友
我是東住吉高校的老師、叫松本太郎。
請再写用中文。我翻訳告訴松本拳志郎。

2009/12/29(火) 午後 10:10[ ヒガスミ ]

育成高級中学校へ2
2009/12/29(火) 午後 4:06














大講堂にまずは入り,セレモニーです.
育成高級中学校の校長先生の挨拶を通訳してくれたのは,育成高級中学校の日本語クラスの生徒.和服を着て,流暢な日本語で話してくれました.何よりも,和服を着てくれていたという点に,ヒガスミを歓迎してくれている雰囲気を感じてくれていたように思います.
東住吉からは竜野教頭先生が挨拶.はじめと終わりの部分は中国語で.挨拶をすることが決まってから1ヶ月ほど,練習をされていたそうで,「大家好!!(ダージャーハオ・みなさんこんにちは)」と挨拶をすると,育成の関係者・学生から歓声が上がりました.その通訳をしたのは本校の朱君.きれいで流れるような中国語に女子生徒から「ほれてまう」などなどという声も漏れていました.
その後は,育成からはダンス・唄・武術・笙の演奏,ヒガスミからは生徒代表の挨拶・2年1組有志の日本舞踊・吹奏楽部代表のサックス演奏・ダンス部のダンスの発表がありました.
まずは,挨拶と,記念品の交換の写真を.育成高級中学からは水晶と友好旗を頂き,ヒガスミからは置時計と盾,こいのぼりを贈りました.

コメント

育成高級中学へ1 〜修学旅行メモリ 三昧編6〜
2009/12/29(火) 午後 3:52
















朝,ホテルを出発したバスは故宮博物館へ.
バディへのプレゼントを忘れた,と自分の部屋へとりに帰っている間にバスが出発してしまった,というトラブルもありましたが,なんとか後発のバスに乗れて事なきを得ました.
台湾では,バスを駐車場に停める,ということがほとんどできません.食事の際でも,レストランに大きな駐車場があって,というわけではないのです.路肩に停めて,生徒は大急ぎで降りる.これが台湾のスタンダードです.
故宮博物館では現地ガイドに案内してもらい,翠玉白菜や肉形石を見学.一体,どのような感想を生徒らはもったのでしょうか?撮影が禁止されていたので,故宮での写真はありません.生徒らの脳裏には,一体どのような映像が記録されたのか,非常に興味深いところであります.飲茶料理を食べた後,いよいよ育成高級中学校での交流になりました.
親指を立てた「Very Good」といいたそうな手のポーズは,育成高級中学校の校章のようなもののようです.創立して10年に満たない学校で,海外からの学校を受け入れるのは,今回が初めてだったそうです.旅行先からも記事にしましたが,本当にテレビの中でしかみないような歓声でした.映画のワールドプレミアなどで,アメリカの有名な俳優が登場した時のような,そんな感じです.文章では表現しきれない!!実際に,あんな歓声に包まれた人にしかわからない感動があったように思います.


3日目のマラソン記念撮影 〜修学旅行メモリ 三昧編5〜
2009/12/29(火) 午後 3:37








ブログをこうして更新している松本は,運動が得意ではないので,早朝ランには同行しなかったのですが,同行した西村先生が撮影してくださった写真を載せます.
3日目は,朝から雨が降りそうな降らなさそうな・・・そんなお天気でした.しかし,コースを短くして早朝ランへ.
富田先生が昨年の下見で目星をつけていたコースがあったそうですが,ちょうどその公園が来年の11月頃から開催される花博の為,工事中になっていたそうです.来年の修学旅行では花博に行くことになるのでしょうか?来年は上海でも万博が開催されるので,中国では「博覧会イヤー」になりそうです.


北京料理食事風景3
2009/12/29(火) 午後 3:26












撮影したものを極力全て載せていますが,公開できないようなポーズをとっていた人もいるので,そういったものは掲載しておりませんので,あしからず.


北京料理食事風景2
2009/12/29(火) 午後 3:16




















続きです.


北京料理食事風景
2009/12/29(火) 午前 10:54




















一度にたくさんの写真をアップできないので,分けてアップします.
撮影は清水先生です.


晩ご飯は北京料理 〜修学旅行メモリ 三昧編4〜
2009/12/29(火) 午前 10:48


















この日の晩ご飯は,北京料理でした.
北京料理は,口に合った生徒が多かったように思います.
修学旅行では,様々な中華料理を体験して欲しく,
広東料理,北京料理,台湾料理,飲茶とバラエティ豊富に
してみました.将来,中国に旅行に行く際には,他の地方の
料理も体験してもらいたいものです.
年末年始,旅行会社の台湾旅行パンフレットなどを見て,
もう一度旅行の余韻に浸ってみるのもいいのでは??


摩天楼ソフト 〜修学旅行メモリ 三昧編3〜
2009/12/29(火) 午前 10:2










淡水河のほとりで生徒が買っていたものに摩天楼ソフトがあります.
ソフトクリームのやわらかさを想像するといけません.やや硬めです.
冷静に考えれば,これほど高くなるのだから当然なのですが・・・.
ちなみに,小さいほうが10元(およそ30円),大きいほうが20元
(およそ60円)です.比較のために,ペットボトルとツーショット
撮影を行ってみました.修学旅行先から書き込んだ際に,食べてみたい,
というコメントも頂きました.生徒が食べている様子を撮影しましたが,
このような大きさなのです.早く食べないと,溶けてしまいます.

店員さんは,写真のように,いすに腰掛けてソフトクリームを作ります.
淡水に行かれた際には話のタネになりますから,是非ともご賞味あれ!!


淡水コネクション 〜修学旅行メモリ 三昧編2〜
2009/12/29(火) 午前 10:18




















2日目は,真理大学の学生さんと淡水の街を散策しました.
淡水は「東洋のヴェニス」とも称される場所です.
淡水名物「阿給」やアイスを食べさせてもらっていました.
「阿給」は,日本のきつねうどんに入っている「アゲ」がその
由来になっている食べ物です.
そんな大学生との交流の様子から何枚かご覧ください.

言葉をこえた 絆もあるはず!!