保護者・在校生のみなさんへ
学校説明会


学校感染症関連


医師による登校に関する意見書のダウンロードはこちらから
必ず「学校において予防すべき感染症について」をお読みください
健康管理についてのお願い 
生徒の安全と健康を守り、インフルエンザ(新型・季節性に関係なく)の感染拡大を最小限に抑えるため、以下につきまして、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。
○ご家庭での健康観察等について

1,健康観察:引き続き、次のような症状の有無を毎朝ご確認下さい。
   □ 高熱が出ている(38℃以上)
   □ 倦怠感(全身のだるさ)がある
   □ 咳をしている・のどの痛みがある
   □ くしゃみ・鼻みず・鼻づまりがある
   □ 関節痛・筋肉痛がある
2,早期受診:熱があり、その他にもあてはまる症状がある場合は、インフルエンザの感染が疑われます。生徒本人は登校せずに、最寄りの医療機関等に連絡の上、受診し、結果を学校(担任)に連絡して下さい。
3,出席停止:インフルエンザと診断をされましたら、治癒するまで(原則7日間)出席停止となります。 自宅療養中も病状に注意して健康観察を行って下さい。
医師から感染のおそれがなくなり、登校許可が出されましたら、登校して下さい。医師の証明書(意見書)を学校に提出して下さい。
○欠席連絡について   

インフルエンザ感染の早期把握のため、やむをえず欠席・遅刻する場合は、必ず学校(担任)まで理由を連絡して下さい。

○感染防止の徹底について
流行時には、不要不急の外出を避け、咳エチケット[*]や手洗い・うがいの励行をするなど、ご家庭でもインフルエンザの予防に努めようにして下さい。 

*[咳エチケット]
咳やくしゃみが出るときに人にうつさないためのエチケット。咳やくしゃみの際は、ティッシュなどで口と鼻をおおい、他の人から顔をそむけ、できる限り1〜2メートル以上離れる。汚れたティッシュはすぐにゴミ箱に捨てる。手はすぐに洗う。 咳をしているときはマスクを着用する。