学校説明会



ヒガスミ通信

<<前の月へ         4月         次の月へ>>




平成23年4月5日(火)第57回入学式を挙行しました


春の陽光に包まれて、入学式が行われました。 ご多用の中、たくさんの来賓の方、保護者の方がご参列くださいました。どうもありがとうございました。

今年度、新規採用教員が2名着任しました。

4月から、フレッシュな新規採用教員が着任しました。 数学科の松原弘幸先生と国語科の屋敷悠先生です。

「今年度より東住吉高等学校に新規採用として赴任いたしました。松原弘幸です。これからよろしくお願いします。  私は大学卒業後、期限付き講師として他の学校で2年間講師を勤めていました。そこでの2年間は私にとってとても大事な時間であり、多くの先輩教員や多くの生徒たちからとてもたくさんの事を教えていただきました。教員としても人間としても成長できた2年間でした。前任校で学んだことを胸に、東住吉の教員の一員としてどうすれば生徒たちにとって楽しい学校になり、実りのある学校生活が送れるのかを第一に考えて行動していきたいと思います。生徒たちに寄り添い、いつでも彼らの必要に応えることができるように、また、彼らのこれからの成長の方向性を正しく示すことができるように、精一杯努力していきますのでよろしくお願いします。」

「この度、東住吉高等学校に着任いたしました国語科の屋敷悠です。東住吉高校は、私が教師として、初めて勤めさせていただく学校となります。そのため、不安なこともありますが、それ以上に頑張ろうという気持ちを強く持っています。私自身、高校生活の3年間で様々な勉強をし、部活動や学校行事に燃えたことが自分の大きな財産となっています。そこで、私が教師としてできることは、東住生の成長する手助けをさせていただくことであり、そのことに全力を尽くしたいと思っています。 国語の授業では、わかりやすい授業を心掛け、少しでも国語を好きになり、積極的に勉強してもらいたいと思います。また私は14年間、真剣に野球に取り組んできました。その中での成功や挫折の中で学んだ、「目標に向かって仲間とともに日々努力する素晴らしさ」を東住生に伝えることが出来れば良いと思います。まずは、この一年、生徒たちと共に成長できるように頑張ります。よろしくお願いします。」
数学科
松原弘幸先生
国語科
屋敷悠先生