学校説明会


校長室より


2009年度のページはこちら       2010年度のページはこちら
2011年度のページはこちら
6月30日(木)
今日は職員会議のあと、将来構想委員会を行いました。本校の取組みを充実・発展させ、より一層、生徒一人一人に対してきめ細かい指導や支援ができるように、現状の課題を分析しながら学校の将来像について議論する委員会です。17時30分を過ぎてから会議が始まりました。



6月29日(水)
17時前の化学講義室、自習したり質問する生徒たちが残っています。考査まで、あと4日。自分に負けずに、しっかりと学習に取組むこと。今、学ぶことができる幸せを強く感じること。



6月28日(火)
今朝、8時ごろの自習室の様子です。空調が効いていて、しっかりと自分と向き合い学習ができる環境なので、朝に考査の準備や授業の予習などで利用する生徒が増えてきました。平日は6時30分すぎには開室しており、8時25分の予鈴まで利用が可能です。
夕方は、放課後から19時まで、土日祝日も9時から17時まで利用することができます。



6月27日(月)
水泳部の2年生小澤美夏さんが「大阪高校総体」競泳の部において、200M平泳ぎで1位(2分35秒90=自己ベスト)、100M平泳ぎでも2位(1分13秒98)となり、近畿大会出場を決めました。
さっそく7時間目終了後に、小澤さんに校長室に来てもらい、すばらしい結果を出したことを称えました。小澤さんによると、毎日、筋トレに1時間取り組んだあと、1時間30分かけて7000Mを泳ぎ、そのあとに、またトレーニングを30分しているとのことです。
大阪で1位になることは並大抵のことではありません。2位の選手とは0.3秒しかタイムに違いがないのですが、小澤さんの、自分に負けず取り組んだ日頃の努力に”勝利の女神”が微笑んだのです。もっと記録を更新して、自分の限界に挑戦したいという小澤さん、体調管理をしっかりとして自己ベストの更新にチャレンジしてください。おめでとう、そして、がんばれ!

6月26日(日)
13時30分より、平成23年度緑友会(同窓会)定例総会が芸能文化科実習棟で開催されました。会長の塩谷様(2期生)のご挨拶のあと、私も挨拶をさせていただき、学校の状況を報告するとともに、新着任の萩原教頭の紹介をしました。そのあと、会計の吉田様(1期生)からの決算報告と予算案が審議、承認され、副会長の能登様(3期生)から「同窓会として、より一層在校生を支援していこう」というエールをいただきました。
本校は、卒業してからも、自分の母校として愛することができる学校として、60年に及ぶ歴史を刻んできました。在校生の皆さんは、その歴史の流れをもっと大きく豊かなものにしていく使命があるのです。君たちには、在校生のことを気にかけて、応援してくれる1万5千人もの先輩たちがいるのですから。
自分に負けずに、心体ともに鍛え、高めていきましょう。がんばろう、ヒガスミ生!
緑友会の皆様、どうもありがとうございます。
塩谷会長吉田会計
能登副会長緑友会の皆様

6月24日(金)
関西子ども文化協会様から情報誌「インファーノ」36号が届きました。4/2のところで紹介したインタビューが記事になっています。携帯電話について本校生が普段考えていることを、しっかりと発言しています。来週以降、図書館にも置いておきますので、興味のある人は是非読んでみてください。
さて、7月考査の時間割がこのHPの”在校生のみなさんへ”のところに掲載されました。考査まで、あと10日です。未来のために、この土日を有効に活用しましょう。しんどいことから逃げたらアカン。がんばろう、ヒガスミ生!

6月23日(木)
昨日の6時間め、2年1組の授業を見に行きました。授業内容は、体育の富田先生による「岩手県立高田高校訪問」についての報告でした。目的地へたどり着くまでの、津波で破壊されたままの建物や、がれきの残る街の映像を観ながら、自然災害の悲惨さと復興のために懸命に努力する現地の人たちの様子の説明があり、ヒガスミ生にできること、本校生がしなければならないことは、今を真剣に生きること、毎日を悔いのないように精いっぱい生きることだと、教えてもらいました。

5・6時間め、1年生は”志学”とHRの時間を活用して「職業人(プロ)に聴く」というテーマで各業界で働く方々からお話を聴くとともに、平野警察署から担当の方をお迎えして、薬物乱用防止教室を実施しました。
写真は1年3組で、デザイナーと介護福祉士の方から貴重な体験談等をお聴きしている様子と、芸能文化実習棟で5組から9組までが薬物乱用防止教室を行っているところです。

2年生は6時間めに分野別進路説明会を実施しました。約30の分野に分かれ、講師の先生方からそれぞれの分野について詳しい内容を聴き、自分の進路実現に向けた意識を高めるための取組みです。
いつも本校の進路指導でお世話になっている近畿大学の屋木さんや大阪教育大学の岸本先生にもお越しいただき、丁寧にご指導いただきました。全ての分野を見てまわることはできませんでしたが、生徒たちは講師の先生方のお話を真剣に聴いていました。
この取組みをきっかけに、2年生が自分の未来のことを真面目に考え、そのためにも今がんばってくれるようになってほしいと思います。
経済学(関大)スポーツ等(専門学校)
看護(美原看護専)声優(大阪総合デザイン専)
理学(近大)看護学(畿央大)
農学(鳥取大)栄養学(武庫川女子大)
幼児教育学(同志社女子大)教育学(大教大)

6月22日(水)
今朝、自転車指導を実施しました。本校では許可さえとれば、在住地からの自転車通学を認めています。ただし、学校の許可を証明するステッカーを購入し、自転車に貼っておくよう指導しています。今日は、先週から予告していたステッカーを貼っていない自転車に対する指導を行い、約20台のノーステッカー自転車について、通学許可をとるように注意します。注意された生徒の皆さんは、正式な手続きをとって、安全に自転車で登校してきてください。自分に負けるな、ルールを守ろう、ヒガスミ生!



6月21日(火)
15時から、地元の平野北中学校の高校説明会に参加しました。質疑もあわせて約20分間、本校の取組みや生徒たちの様子についてお話をさせていただきました。「芸能文化科の教育内容について」「進学実績について」など、出席された保護者の方々からご質問があり、ポイントをお答えするとともに、10月以降に実施する学校説明会はもちろんのこと、普段の本校の様子を是非観に来ていただきたいとお願いしました。会場の体育館はとても蒸し暑い状況でしたが、こちらの説明を熱心に聴いていただきました。平野北中学の保護者の皆様、どうもありがとうございました。

6月20日(月)
7時間めの校内の様子です。実は今日で「7月考査」の2週間前となっており、未来のために今がんばるヒガスミの生徒たちは、前期中間考査の結果より、さらに自分の力を発揮するために取組みをスタートさせています。
また、明日から各中学校へ学校説明に出かけていきますが、始業式で話したように「本校の”売り”は生徒たちです。生徒がヒガスミのブランドであり、プライドです。どうぞ、本校生の様子を見て、学校選択に役立ててください。」と言ってまわりますので、生徒の皆さん、覚悟はできてるよな。
君たちの態度や気持ちを観て、感じて、良き後輩たちが本校を選んでくれるのです。そうした『つながり』の中に自分がいることを常に考えていてください。
明日の平野北中学校での説明会でも、学習に、行事に、部活動に一生懸命な生徒の皆さんのことを大いにアピールしてきます。

6月19日(日)
昨日、15時30分から羽曳野市市民会館で行われた「第7ブロックPTA連絡協議会総会」へ萩原教頭やPTAの松村会長はじめ役員の皆様と一緒に参加しました。事業報告や予算案の審議もスムーズに進み、講演会では、みやこ法律事務所の東田弁護士より「子どもをめぐる法律関係について」というテーマでお話をお聴きしました。子ども自身が自分で考え、そして決断するという場面をできるだけ多く創ることが、これからの社会で生き抜く力を育てることにつながるということを自らの体験等とともに分かりやすく教えていただきました。

6月18日(土)
10時から、スタディツアー参加者向け説明会を行いました。今年は8/2(火)〜8/8(月)の7日間、フィリピンのセブ島において環境問題を学び、現地の人たちと交流することになっています。

10時30分から平野区にある英進塾の生徒さんを対象に学校説明会を開催しました。英進塾の塾長様が本校卒業生であることがご縁で、この時期に来ていただいて本校の取組みについて説明する機会を持っています。約40名の生徒さんたちは熱心に説明を聴いてくれました。また、芸能文化科3年生の長唄三味線の稽古の様子や吹奏楽部の練習風景なども見てもらいました。

12時前の校内の様子です。各部活動とも元気に活動しています。

3年生の英語土曜講習が始まっています。担当の清水先生は、学年主任として、この3月に54期生を卒業させたところで、3年間の受験指導のノウハウを今の3年生(55期生)の指導にも活用してもらっています。
清水先生の真剣さを受講生はしっかりと受けとめて、講習に取組んでください。結果は必ずついてきます。

6月17日(金)
生物の0時間め講習が始まっています。担当の渡辺先生は丁寧かつ的確な指導で今までにも多くの本校生を国公立大学へ導いています。初心者向きということで聴いていくように誘われたので、校門に立つまでの間、聴講させてもらいました。内容はメンデルの遺伝の法則のところで、優性・分離・独立の3法則のポイントを生徒たちといっしょに学びました。朝早くから、自分の未来を切り開くために努力している本校生から、また今日一日の「元気」をもらいました。

5時間めに1年4組の生徒たちと一緒にご近所の湯里保育園へ行ってきました。家庭科の実習として、保育園児と交流する授業(2時間連続)です。園では4歳児さんと5歳児さんが待っていてくれました。遊具を使って園児たちと一緒に楽しんでいる本校生の顔には、学校で見せるのと少し違う、やさしい笑顔がありました。家庭科の辻先生に聞くと、クラスによっては三分の一が”ひとりっ子”だそうで、歳の離れた妹や弟ができた気分になるのかもしれません。

6・7時間めに公開研究授業を実施しました。6時間めに国語の屋敷先生が1年9組で古典「徒然草」の授業を、7時間めに数学の松原先生が数A「順列・組み合わせ」の授業をして、他校からご参加いただいた先生方や本校の先生方に参観してもらうとともに、授業後には研究協議を行いました。大阪府教育センターからも、学力向上指導員の泉先生(国語)と木下指導主事(数学)にお越しいただき、それぞれの先生に指導助言をいただきました。
授業を公開し、様々な観点から意見や助言をもらう機会を持つことは、とても大切なことです。今年度、本校では全教員がお互いの授業を見学し、その内容や手法について忌憚なく意見を言い合える機会を設定します。また、できるだけ保護者や関係者の方々にも授業を公開して、ご意見等をいただきたいと考えています。生徒の潜在能力をしっかりと育てるためにも、授業力の向上にさらに取り組んでいきます。

6月16日(木)
5・6時間めに芸能文化科実習棟で普通科1年生の科目選択説明会を実施しました。2年から文系・理系にクラスを分けて進路実現に向けた学習を進めるため、夏休み明けにも選択科目の登録をする必要があるので、教務部の荒木先生から丁寧な説明がなされました。1年生の皆さんは、自分の希望や適性などを、まず自ら考えてみて、担任や教科担当の先生方や保護者の方とも相談しながら、どの教科を選ぶのかを決めましょう。保護者の皆様には、7月の懇談週間などの機会を活用していただき、担任とご相談いただきたいと存じます。どうぞよろしくお願い申しあげます。

6月15日(水)
今朝の校門はとても賑やかでした。いつも挨拶をしている生徒会執行部だけでなく、演劇部の部員が今日の新人公演の呼び込みのために来たからです。さらに女子バレーボール部の部員もやってきて「おはようございます」と登校してくる生徒に挨拶をしてくれています。朝一番にしっかりと声を出して挨拶することで、一日元気に過ごせると思います。挨拶を大切にしましょう。

芸能文化科実習棟で16時から行われた演劇部の新人公演「小林少年とピストル」を観に行きました。テンポよくストーリーが展開し、役者とスタッフが一体となって劇を創りあげていました。
朝早くから”呼び込み”をした成果もあって、保護者の方も含めて多くの観客を集めることもできていました。
何かを表現して、人の心を動かす、感動してもらうということは、とても難しいことです。今日の公演での成果と課題を役者、スタッフ、そして支えてくれた方々とともにしっかりと確認して、もっともっと素晴らしい演劇を創り出していってください。演劇部の皆さん、お疲れさまでした。

6月14日(火)
朝、校内を見て回りました。耐震工事のため、体育館2階フロアが使えないので、男女バスケ部がグラウンドで朝練を行っています。もちろん、陸上部やサッカー部も、いつものように練習に取り組んでいます。校舎内では吹奏楽部が楽器を吹く前の”腹式呼吸”を念入りに。
腹式呼吸グラウンド

日本史の0時間め講習が始まっています。担当の島本先生は5時起きで、この講習のために準備をしています。教室を覗くと、40名の受講者も熱心に関西大、同志社大の入試問題に取組んでいました。未来のために今がんばろう!ヒガスミ生!!

明日、演劇部の新人公演「小林少年とピストル」が行われます。芸能文化科実習棟にて16時開演となっています。

吹奏楽部から情報提供を受けました。まず、お昼休みの12時45分に部長の藤原さんと顧問の松本先生が校長室へ来室、7/26(火)に行われる大阪府吹奏楽コンクール地区大会の招待状と8/28(日)に行われる龍谷大学とのジョイントコンサートのチラシを届けてくれました。その3分後に、改めて吹奏楽部から同じくご招待を受けました。重ねてご招待いただき、うれしいです。是非、聴きに行かせてもらいます。ありがとう。
12時45分12時48分

6時間めに体育の指導教諭である藤井先生の示範授業を公開し、高校体育の初任者41名と10年経験者10名の、合わせて51名が研修の一環として参加しました。1年3組男子の水泳の授業でしたが、プールサイドに大勢の先生方がおられたので、生徒たちも若干緊張していたようでした。授業後に研究協議があり、冒頭、何事にも”真摯に、ひたむきに”取り組むことの重要性について、お話をさせていただきました。参加された先生方にはお疲れさまでした。

6月13日(月)
体育の山口先生から剣道部の公式戦の結果について報告を受けました。男子は惜しくも1回戦で敗れましたが、女子は団体戦ベスト32を勝ち取りました。一つ一つの練習にしっかりと取組んだ成果が出ました。おめでとうございます。
男子団体戦結果女子団体戦結果

6月12日(日)
紫陽花の花が綺麗に咲いて、雨の止み間に花びらから滴がこぼれ落ちていきます。明日から、また授業再開、自信を持って答案を返してもらえますか?

6月10日(金)
前期中間考査が無事終了しました。今日は別室受験対応もなく、各教室で生徒たちは真剣に取り組んでいました。
考査終了後、2年生はトレーニングルームで学年集会を開きました。担当の先生からは、遅刻など生活指導上の問題について自覚を促す説諭や9月に開催する文化祭に関する説明がありました。
2年生は、これから本格的に自らの希望進路実現に向けた学習に取り組んだり、部活動の主軸になったり、修学旅行があったりと、やらねばならないことが多くあります。易きに流されず、自分に負けないで、未来の自分のために今がんばることが大切です。気づいたら即実行です。今日の自分に明日は克て。がんばろう!ヒガスミ生。

6月9日(木)
体育の富田先生が、本校が支援している岩手県立高田高校へ行ってきたことを報告しに来てくれました。現地では義援金を高田高校の工藤校長先生に手渡すとともに、授業の様子なども見学をしたそうです。
元来の校舎は津波のために今も使えない状態で、本来は廃校になるはずの農業高校の校舎に間借をして、授業や部活動が行われており、万全な状況ではないのですが、その中でもインターハイへ出場する部活もあり、高田高校の皆さんから”元気”をもらったと富田先生は話してくれました。これからも継続して支援させていただくとともに、高田高校の”元気”を本校もパワーにしていきたいと考えています。
映像での報告元の高田高校校舎
工藤校長へ義援金目録を贈呈全国からの激励
授業の様子1授業の様子2

6月8日(水)
考査3日めです。朝早くから自習室でプリントの確認をしている生徒、教室で問題を言い合っている生徒…みな真剣に取り組んでいます。

昨日行われた大阪天王寺ロータリークラブ様の例会に参加した数学の松本先生が報告に来てくれました。大阪天王寺ロータリークラブ様からは本校の国際交流事業に対し、毎年支援金をいただいております。その支援金を活用させていただき、今年はフィリピンへのスタディツアーを予定しています。その概要について説明させていただき、ロータリークラブ様から支援金の目録を頂戴しました。本校の取組みにご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。

昨日の15時45分ごろです。思わず写真を撮ってしまいました。

6月7日(火)
できるだけ早く本校の様子を理解してもらうために、新着任の萩原教頭先生へ各分掌等からの説明が行われています。15時からは芸能文化科からのレクチャーの時間です。主任の久下先生と一緒に実習棟内を観ながら随時説明を聴いてもらっています。



芸能文化科3年生が、5/28のところでご紹介した特別非常勤講師の柴田先生に指導を受けています。7月に実施する卒業発表会で舞台美術を担当する生徒が下絵を描いて先生に見ていただいているのです。細かいところまで、しっかりと注意を払い仕上げていくことの大切さを学んでいます。

6月6日(月)
前期中間考査が始まりました。考査は日頃の学習の成果を確認し、自分の学力を計るものです。生徒の皆さんは、自分に負けず、全力を出して取り組んでください。



年度当初より、教頭の臨時的複数配置について府教育委員会と協議してきましたが、本日付で府立岸和田高校の萩原英治首席が二人めの教頭として着任しました。萩原教頭は泉州の名門進学校である岸和田高校で16年間お勤めになり、教科(英語)指導だけでなく、PTA活動や進路指導で活躍されていたとのこと。本校においても、今までの経験と知識を活かして、生徒の第一希望の進路実現に向けて全力で取り組んでくれるよう期待しています。
また、年度途中にも関わらず、貴重な人材を快く送り出していただいた岸和田高校の堂之本校長先生には感謝を申しあげる次第です。ありがとうございます。

6月5日(日)
9時過ぎから男子バレーボール部の公式戦を応援に常翔学園高校に行ってきました。惜しくも大和川高校には敗れましたが、新チームとして良く頑張ったと思います。
女子バレーボール部は汎愛高校で試合がありました。1回戦の東大谷高校には完勝、2回戦の汎愛高校とのゲームは手に汗を握る大接戦でした。とても素晴らしい内容で勝敗を越えた感動を観る者に与えてくれました。部員の皆さん、お疲れさまでした。
また、剣道部は岸和田市総合体育館で行われた全国高校剣道大会予選に出場、男子の磯本くん、島田くんが1回戦を突破しました。女子は石倉さん、雁尾さんが出場、堂々とした試合を展開しました。
午後には大阪城野外音楽堂で軽音楽部が大会に出場、その様子が、このHPの部活動紹介のところに掲載される予定になっています。
応援するマネージャーサーブ
円陣回る

6月4日(土)
来週から本格的に体育館の耐震補強工事が始まります。考査や授業に支障の出ないように工程や工期を調整して実施しますが、体育館2階フロア使用の部活動については練習場所が使えなくなるので、地域のスポーツセンター等を利用できるよう予算を組んで対応します。8月末まで工事が行われる予定となっています。



6月3日(金)
岩手県立高田高校への義援金約180万円を送金させていただきました。来週には、体育科の富田先生が直接、高田高校へ行って目録や体育祭で生徒たちが想いを書きこんだ横断幕をお渡しすることになっています。



6月2日(木)
サッカー部が昼練に取組んでいます。校舎中央館の周りを速いスピードで走り抜けて行きました。約10分間の練習ですが、体力は何事をするにも必要ですから、全力疾走したあとは全力で学習に取り組んでください。

6月1日(水)
朝7時過ぎの化学講義室です。女子バレーボール部の朝練ならぬ朝学習が行われています。中間考査開始日の前日である6/5(日)に公式戦があるため、部員みんなで、朝は、それぞれの学習に取組み、放課後は練習に打ち込むということです。自分に負けず、”二兎を追う”女子バレー部員の姿勢は必ず成果を現します。その姿勢、気持ちをしっかりと持ち続けてください。5日の公式戦が楽しみです。



今日は「電波の日」です。電波三法(電波法・放送法・電波監理委員会設置法)が施行された日を記念して6月1日に決まったそうです。このことを芸能文化科1年「舞台芸術論」のゲストティーチャーである中野徳和さんに教えていただきました。中野さんは現在、総務省大阪府テレビ受信者支援センター次長として7月までに実施される地上デジタル放送の普及・啓発の仕事をしておられます。
授業の担当講師である鈴木正勝先生とは関西テレビで一緒に仕事をされていたということで、中野さんからは「地上デジタル放送〜今まで見てきたテレビはどう変わるの?」というテーマで分かりやすくご説明いただきました。どうもありがとうございます。