学校説明会


校長室より


2009年度のページはこちら       2010年度のページはこちら
2011年度のページはこちら
11月30日(水)
本校は緑の多い学校です。校内にある、多くの樹木がどんどんと色づいていくなかで、たくさんの落ち葉が発生します。集めても集めても、次の日には側溝や通路に落ち葉が集積している状況のなかで、シルバー人材派遣センターから来ていただいている作業員さんが一生懸命に落ち葉を取ってくださっています。
また、学校周辺を掃除してくださる地域の方もいらっしゃいます。本校は、様々な方々に支えられ、援けていただいています。ありがとうございます。


11月29日(火)
7時前から、自習室を利用する生徒たちが登校してきています。それぞれに、今しなければならない学習にしっかりと取組んでおり、静寂の中に緊張感が漂っています。最後まで粘り強く取組んでベストを尽くしてください。がんばろう、ヒガスミ生!


11月28日(月)
今日から後期中間考査が始まりました。12/2(金)までの5日間、生徒の皆さんは、日頃の学習の成果を発揮すべく全力で正々堂々と取組んでください。期待しています。がんばろう、ヒガスミ生!


11月27日(日)
北館入口の展示が変わりました。美術気了間に創作された仮面たちが飾られています。役柄を設定して創られた、それぞれの仮面のイメージなどについて、作成者のコメントも付けられています。


11時過ぎに、男子バレー部の公式戦を応援しに、府立旭高校へ行ってきました。ちょうど、2試合めの旭高校との対戦が始まるところでした。本校も随分粘りましたが旭高校のペースで試合が進み、勝利することはできませんでした。
しかし、1試合めの桜宮高校との試合にはストレート勝ちしており、日常の練習成果が発揮できていました。3試合目の高槻高校には惜敗しましたが、何とか2部残留を果たしました。男子バレーボール部の皆さん、お疲れさまでした。明日からの中間考査もしっかりと全力を出してください。

11月26日(土)
うれしいお知らせです。今朝の毎日新聞に「第20回国際高校生選抜書展(書の甲子園)」で本校生3名の作品が入選作として選ばれたことが記事に出ていました。2年生の中野さん、城くん、1年生の森本さん、おめでとうございます。



11月25日(金)
昼休みに、1年生柔道授業クラス交流戦を行いました。柔道場には各クラスから選抜された選手たちが早くから集まり、大勢の生徒たちも応援に駆けつけました。審判等の運営は柔道部員が担当してくれていました。クラス対抗で熱戦を繰り広げた結果、5組が優勝、1組が準優勝しました。応援も含めて、大いに盛り上がった交流となりました。

試合終了後に、優勝した5組の選手や応援していた皆さん、担任の至田先生と一緒に記念写真を撮りました。優勝おめでとうございます。


放課後、3年生の面接練習を校長室で行いました。11月中旬より、国公立大学の推薦入試が始まっており、その選考に対応するものです。
今日、面接の指導をした生徒は、本校でのボランティアや国際交流など様々な経験や実践を通して社会に対する見聞や知識を拡げ、そのなかで”あるテーマ”について問題意識を持つようになり、大学でもっと深く学びたいと考えています。自分の意見や考え方をしっかりと持っているので、対応もスムーズにできていました。

11月24日(木)
22日のところでお知らせしたように、10時すぎに八尾市立用和小学校の6年生の皆さん105名が、本校芸能文化科との交流授業のために来てくれました。芸能文化科の生徒たちが各種目(筝曲・鳴り物・鼓・長唄等)のプラカードを持って練習場所へ誘導しています。

芸能文化科を代表して歓迎の挨拶をしたのは、3年の山口さんです。山口さんも用和小学校の卒業生ということで、来校した後輩たちに親近感を持って挨拶をしてくれました。


5・6時間めに芸能文化科実習棟で、午前中に練習した成果を披露する発表会が行われました。舞台の上の小学生も、客席の小学生も集中して取組んでいました。用和小学校の皆さん、お疲れさまでした。また、丁寧に小学生を指導してくれた芸能文化科3年生の皆さん、ありがとうございます。

11月23日(水)
同好会から昇格した合唱部が、大阪府合同合唱団の一員として活発に活動を展開しています。20日(日)には第31回近畿高等学校総合文化祭滋賀大会、22日(火)にはシンフォニーホールで開かれた第53回近畿音楽教育研究大会で、顧問の細田先生の指揮のもと、力強く美しい合唱を披露しました。
今日は第61回大阪府高等学校音楽会が池田市の市民文化会館で開催され、本校合唱部をはじめ府内29校の生徒による合同合唱が披露されました。200名の高校生が時に激しく、時に繊細にハーモニーを奏でながら堂々と歌う様子は、観ていて壮観でした。
生徒たちに交じって各校の顧問の先生方も合唱に参加しているようで、観たことのある顔を舞台上に発見しましたが、わかりますか?


11月22日(火)
今週の木曜日24日に、八尾市立用和小学校の6年生の皆さんが本校芸能文化科との交流授業のために来てくれることになっています。この「小高交流授業」は10年以上前から続く取組みで、芸能文化科の3年生が小学生たちに長唄や三味線、琴、鼓、鳴り物などを教えるというものです。
芸能文化科の桑原先生の授業では、本番の24日に備えて「小学生にわかりやすく、楽しく教えるにはどうすればよいか」を生徒たち自身で確認していました。各生徒とも考えながら、小学生が初めて触れる、日本の伝統芸能に好感を持ってもらうため、工夫しながら教え方を考えていました。
授業を観ていただいた、府教育センターの蛭田首席指導主事や中濱指導主事からも「プレゼンテーションがしっかりとできる生徒たち」「伝統芸能について自分たちも分かりやすく理解できた」と誉めていただきました。芸能文化科3年生の皆さん、24日の本番もよろしくお願いします。


2時間めに、3年生地歴選択科目「世界史」の授業を中央館展開B教室へ観に行きました。担当の延命先生は、いつものようにパワフルかつスピーディです。入試問題への対応だけでなく、一般常識でも大切なことが数多く鏤められた授業でした。

11月21日(月)
朝7時すぎに、女子バレーボール部員の皆さんが昨日の試合の報告に来てくれました。なんと3勝無敗で(対大和川・堺市立・四条畷)、なおかつ全てストレート勝ちを収めて2部へ昇格したとのことです。私は第1試合での勝利しか観戦できなかったのですが、彼女たちは顧問の安達先生の指導のもとに素晴らしい結果を出してくれました。よく頑張りました。おめでとうございます。


11月20日(日)
昨日とは打って変って晴天の日曜日です。本日、第2回学校説明会を開催します。9時30分から午前の部、13時40分から午後の部を実施、本校の教員による体験授業や学校説明を行い、併せて約300名の中学生の皆さんが参加することになっています。
現在、校内各所で中学生を迎える最終準備を行っています。
参加者に配付する”ヒガスミ生からのメッセージ”の一部をご紹介します。このメッセージは本校1年生が書いてくれました。



中学生が続々と来校してきています。学校説明の会場では、みんな真剣に聴いてくれていました。60名以上の保護者の皆様にもご参加いただき、2会場に分かれて本校の取組みについて説明させていただきました。ご清聴ありがとうございます。


保護者の皆様にご挨拶をしたあと、女子バレー部の公式戦会場である堺市立堺高校へ応援に行きました。11時から、大和川高校との対戦でしたが、本校が2対0で勝利しました。54期生のOGや保護者の皆様が大勢応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございます。


女子バレー部の勝利を見届けたあと、ダンス部の発表を心斎橋にある会場まで観に行きました。本校からは2チームが出場しており、12時45分からチーム「TOP-boy」が華麗なダンスを披露しました。会場は超満員で、なおかつ出場者と観客の熱気が相まって、とても”熱く”なっていました。

13時30分に学校へ帰ってきました。午後の部に参加していただく保護者の皆様にご挨拶をさせていただき、体験授業の様子を観てまわりました。授業終了後には、グループに分かれて校内見学ツアーを行い、食堂や同窓会館(緑友会館)、グラウンドや部室の様子などを観てもらいました。また、芸能文化科は独自の説明会を実施、30名の中学生、保護者の皆様にご参加いただきました。今日は、兵庫県の丹波市から2名の参加者があり、広く芸能文化科に興味関心のある中学生がいることを再確認できました。
家庭国語
数学保健
政経受付
見学ツアー1見学ツアー2
芸能文化科説明1芸能文化科説明2


午後から出場するダンス部の発表を観に、心斎橋の会場へ戻りました。チーム「Rubik Cube」は男女混成で切れの良いダンスを披露しました。客席では、午前の部に出場した「Top-boy」のメンバーが大きな声援を送っており、ダンス部の皆さんのチームワークの良さを感じました。出場した部員の皆さん、お疲れさまでした。
学校だけでなく様々な場所で、全力を出しているヒガスミ生の様子を観ることができて、今日も充実した1日でした。ありがとう。

11月19日(土)
9時から「チャリティ100劵螢譟璽泪薀愁鵝廚鮗損椶靴討い泙后1天のため、グラウンドではなく校舎内等を活用したコース設定にして”ネパールの子どもたちに奨学金を贈ろう”という趣旨のもと、生徒たちは、雨を吹き飛ばすかのような『ヒガスミパワー』で走り出しました。また、40名を越えるPTAの皆様にも”炊き出し”にご参加いただき、生徒たちの昼食を準備していただいています。ありがとうございます。
さらに、今日はNHKの取材も入っており、このチャリティマラソンの様子や部活動の取組みについてテレビ放送されることになっています。放送日などの詳細は後日HPでお知らせします。


加えて、芸能文化科3年生は校内でテレビドラマの撮影をしており、数学講習(3年生)に参加している生徒や、ご近所の湯里保育園の秋祭りにボランティアとして参加している生徒もいます。サッカー部の部員たちはハイテンションでマラソンに参加したあと、中河内リーグ決勝を戦いに大阪朝鮮高級学校へ向かいました。軽音楽部はATCで行われている東日本支援チャリティコンサート「第4回 Sing For The Future」に参加しています。ヒガスミ生は様々な場所で、自分たちのやるべきことにしっかりと取組んでいます。素晴らしい生徒たちです。
本校のプライドであり、ブランドであるのは生徒です。


PTAの皆様の”炊き出し”による昼食時間が始まりました。もちろん、リレーマラソンは継続して行われていますが、走り終わった生徒や、まだ出番ではない生徒たちが用意していただいた「豚汁」や「かやくごはん」を食べています。お茶やスポーツドリンク、チョコやキャンデーまで揃えていただき、至れり尽くせりの応援をしてしていただいています。


生徒会役員による走路整備の様子です。溜まった雨水を掃き出しています。チャリティマラソンを支える偉大な役割をしてくれています。


13時すぎに大阪朝鮮高級学校に着くと、サッカー部の中河内リーグ決勝戦が始まっていました。前半は1対0とリードしていた本校ですが、強豪の大阪朝鮮高級学校に後半逆転を許し、最後まで健闘しましたが惜敗しました。(スコアは1対3)大雨の中、サッカー部員は全力を出そうとしていました。お疲れさまでした。また、応援に来ていただいた保護者の皆様には、ありがとうございます。


15時すぎに学校へ戻ってきました。マラソンは、ラストランのカウントダウンが始まっていました。教志セミナー研修生の吉田さん(本校52期生)を先頭にPTAの皆さんにも走っていただき、最後はたくさんの参加者でゴールインしました。
天候による走路変更の関係で、今回は200周、約50劼鯀ることとし、日を改めて残りの50劼鯔楾酸犬走ることにする予定をしています。走った生徒、走る人を支えた生徒、運営に関わった生徒などなど、参加した全ての生徒の皆さん、よく頑張りました。ありがとう。PTAの皆様には”炊き出し”等でお世話になり、どうもありがとうございます。企画運営担当の富田先生や生徒会部長の中野先生はじめ、各担当の先生方にも感謝します。今年も無事に終了しました。ありがとうございます。

11月18日(金)
11時すぎに3年2組の教室で行われている文系選択科目の「国語表現」の授業を観に行きました。担当の山内先生の指導のもと、ちょうど生徒たちのプレゼンテーションが始まるところでした。
プレゼンの内容は『えりあし』〔作詞・作曲 aiko〕という楽曲を聴いて、まず5W1Hを基本に全体像をイメージし、さらにイメージを広げて、歌に登場している二人の”ラブストーリー”を創るというものです。それぞれの人物設定(名前・年齢・容姿・性格など)も細かく決めて、2名1組で前に出て発表します。各グループともユニークな着想で”寸劇のような”プレゼンを展開して、観ていて楽しい気分になりました。
自分で考えたことを、自分の言葉やしぐさで表現することはとても大切なことです。今日の経験を、今後の人生に大いに役立ててください。”クサイ”言葉も照れないで言いましょう。相手の”心”に刺さりますよ。


13時すぎに、高知市教育委員会の皆さんが来校されました。『高知市立学校還流学習』という研修で、本校の1年生の「志(こころざし)学」の取組みについて話を聴きにこられました。研修名に『還流』とついているのは、他の地域で学んだことを必ず学校現場へ『還す』という強い使命が表れているからだそうです。
校長室で、1年の学年主任である至田先生から取組みに関する具体的な説明をさせていただきました。
本校では、生徒の学習習慣づくりの一環として、本年度より中長期の目標設定や自主学習の記録化などを行っています。そのノウハウや実践方法についてご指導いただいている、元大阪市立松虫中学校教諭の原田隆史先生が高知県で教育アドバイザーをしておられるご縁で、わざわざ高知から3名の先生方がお越しくださいました。
今日は原田隆史先生や大阪府教育委員会の森瀬指導主事にもご参加いただき、「いかに生徒たちの学習に対するモチベーションを高めるか」「生徒たちが自分の夢や希望に向かって自立して進んでいくには、どうすれば良いか」などのテーマについて協議しました。場所や校種は違えど、直面する課題は共通しており、それぞれにとって有意義な研修を行うことができました。このような機会を与えていただき、原田先生、高知市教育委員会の皆様には、ありがとうございます。

11月17日(木)
3時間めに観に行った2年4組の「英語供廚亮業では、担当の田中先生の方針で「音読をしっかりとする」ことに取組んでいます。ノートチェックが頻繁に行われるので、生徒たちのノートも丁寧にポイントを整理した形で書き込まれています。


ノーステッカー自転車の指導を実施しました。本校では、原則として居住地からの自転車通学については全て許可しています。本校生の所有であることの確認等のために、所定の手続きをして「許可証ステッカー」(150円)を購入、自転車に貼付することになっています。指導を受けた生徒の皆さんは、すぐに手続きをして、正々堂々と自転車通学してください。


15時30分から視聴覚階段教室で、センター試験受験者に対する説明会を行いました。進路指導部の松本先生から、来年1月14・15日に実施されるセンター試験を受験したあとのスケジュールについての確認や、新設された「倫理政経」という科目や「第1解答科目」「第2解答科目」という新しい設定により、昨年度までの受験校決定方法は意味を持たないことなどの説明がありました。
また、自分で受験可能性のある大学を全て挙げて、必要な受験科目をチェックして、科目選択をすること、そして、月末に実施される各予備校のセンタープレテストに積極的にチャレンジして、受験予定大学と受験科目の整合性を確認することなど、具体的な指示が出されました。
制度が変更した初年度ということで、丁寧に説明が行われましたが、センター試験受験予定の皆さんは質問や疑問等があれば、遠慮なく進路指導室へ行って訊ねてください。

11月16日(水)
今朝の登校風景です。マフラーやセーターを着てくる生徒が増えました。後期中間考査まで、あと12日。生徒の皆さんは、風邪やインフルエンザなどに罹らぬように、しっかりと自己管理してください。




授業見学を続けています。昨日の2時間めは2年生の「数学B」の授業を2年4組の教室に観に行きました。「数学B」の授業は少人数展開で行われており、担当の泉谷先生が「階差数列から元の数列を求める」ところを丁寧に指導、生徒たちは、その説明を聴いて問題演習をしていました。
今日の1時間めは、3年8組の教室に「数学掘廚亮業を観に行きました。この授業も少人数展開で、きめ細かい指導が行われていました。「空間座標とベクトル」について、担当の兵部先生から『問題文を読み解き、いかに上手く図を描くか』が正解を導き出すポイントであるということが示されるとともに、兵部先生自ら、問題集の解答とは違う解法で入試問題を解いていく過程を生徒と確認していました。
3時間めも、理科系選択科目の「生物演習」の授業を3年8組の教室に観に行きました。この授業は、センター試験対策の問題を演習していくのですが、担当の渡辺先生から『他人に説明できるような解き方をせよ』という指示が出され、生徒たちは問題に真剣に取組んでいました。
自分の希望進路へ堂々と進んでいくために、今、この時を大切に全力を出し切ろう。未来のために今がんばろう。絶対できる、ヒガスミ生ならできる。がんばろう、ヒガスミ生!

11月15日(火)
先週から下足室に「チャリティ100劵螢譟璽泪薀愁鵝廚旅霖里掲示されています。11/19(土)9時より実施するのですが、週間天気予報(11/15現在)によると19日の降水確率が50%となっています。少雨の場合は実施することにしていますので、本校生だけでなく近隣地域の方や興味関心のある方で”走ってみよう”という皆様は、是非、ご参加ください。

11月14日(月)
中央館1階廊下の床面張替工事が完成しました。3日間の工事により、ブルーの綺麗な床に変身しています。本校においては、校舎内ではスリッパに履き替えています。生徒の皆さんも”土足で校舎内に入らない”というマナー意識をしっかり持っているので、教室内や廊下などが清潔に保たれています。
先輩方が丁寧に使われた校舎や施設を、在校生の皆さんは、次に使う未来のヒガスミ生のためにも、より一層丁寧に使用しましょう。

10時30分、台湾にある国立・私立大学の指定校推薦に関する説明のために、社団法人台湾留学サポートセンターの担当者の方が来校されました。府立では、千里高校や住吉高校に説明に出向かれたとのこと。本校も台湾への修学旅行を実施しているご縁でお越しいただき、国立台湾大学はじめ、修学旅行でお世話になっている私立真理大学も含めた台湾の大学からの指定校推薦先として、本校を選んでいただいた経緯等や、奨学金制度や語学研修など具体的なことについてもご説明いただきました。

11月13日(日)
演劇部が府大会で特別優秀賞を受賞しました。さらに、個人演技賞に戸梶泰志くん〔1年1組〕が選ばれるという栄誉に輝きました。自分たちの力をしっかりと出し切った演劇部の皆さん、おめでとうございます。また、桑原先生、大石先生や顧問の先生方、諸先輩の皆さんには、日頃のご指導の賜物として、この結果をいただきましたことを感謝申しあげます。
なお、本校が、この特別優秀賞を受賞したことによって、来年度、本校が所属するG地区から府大会へ出場する枠が1つ増えることになり、地区全体にも貢献することができました。



11月12日(土)
9時前に、PTAと「みどり会」(PTAのOB・OG組織)合同開催の社会見学会に参加される皆様をお見送りに天王寺へ行ってきました。5週連続で雨模様の週末でしたが、今日はよく晴れていて絶好の”社会見学”日和です。28名の参加者の皆様には、別件の出張で参加できないことをお詫びし、恒例のHP用写真撮影の許可をいただいて、バスの出発を見送らせていただきました。
午後5時すぎに、同行した萩原教頭先生から「無事に実施し、今、解散した」との連絡をもらいました。PTAと「みどり会」の皆様、お疲れさまでした。萩原教頭先生、首席の延命先生もお疲れさまでした。


よみうり文化ホールで行われた第32回大阪府高等学校演劇研究大会を観に行きました。10時50分から、地区代表として本校演劇部が『春巻さんちのお墓のまえで』というオリジナル脚本による劇を上演しました。
11/6の地区大会では、本校芸能文化科実習棟という、いつも使用している”ホーム”での上演で落ち着いて取組んでいました。しかし、府大会の会場は、いわば”アウェイ”で、少し心配していましたが、私は、今日の出来栄えのほうが、より素晴らしいものだと感じました。演出方法や衣装などが地区大会から効果的に変化しており、観客の気持ちをしっかりと掴んだ50分間でした。
幕間交流の時間でも、観客席にいる他校生からの称賛や質問などが引っ切り無しでした。K高校からは「”さぶいぼ”がでるほど感動した」、N高校からは「自分たちも、こんな演劇がしたい」、宜盥擦らは「舞台装置が素晴らしい」という感想をいただきました。
会場から出るときに、前にいた高校生たちが口ぐちに「東住吉高校、良かったよねぇ」と言いあっているのを聴き、後ろから一人一人に「ありがとう」と声を掛けたい衝動に駆られました。演劇部の皆さん、お疲れさまでした。今日もまた本校生から『元気』をもらいました。ありがとうございます。

11月11日(金)
1時間めに、3年8組の「英文読解」の授業を観に行きました。担当の奥河先生が英語による指示で小テストを実施、重要構文やイディオムの確認が行われました。引き続いて、テキストの文章を読み解いていくのですが、ほとんどの指示や解説は英語で行われ、生徒たちも英語での発問などに、しっかりと対応していました。

3年生(55期生)の学年通信〔NO.51 11/10〕が発行されました。”残りわずかな高校生活を有意義に過ごそう”というテーマで、学年の先生からのメッセージが掲載されています。
3年生の皆さん、「有終の美」を飾ってください。
君たちの行動や想いが、未来のヒガスミを創っていくのですから。

11月10日(木)
出張や来客対応等でない限り、できるだけ授業を観に行くようにしています。先生方の授業内容はもちろんのこと、生徒たちの”生”の様子や教室の状況などが、観ていて良くわかります。
1年6組では、担当の武林先生が「地理」の授業で掛け地図を活用しながら、「リアクションがほしい」と呟くような発問をすると、6組の生徒諸君はすぐに反応して回答していました。
3年3組の文系選択「古典講読」では、担当の富澤先生が『大鏡』を教材に、文法事項の確認をわかりやすく説明していました。
今日の1時間めは、3年1・5・7・8組の体育を観に行きました。この授業では4クラスを6展開し体育館やグラウンドを使って、生徒たちが希望する種目〔バレー・バスケ・サッカー・卓球・テニス〕を実施しています。日頃、受験勉強などで体を動かす機会が少なくなっている生徒たちですが、この授業では嬉々としてスポーツに取組んでいます。

11月9日(水)
秋のクリーンキャンペーンを実施しました。学校周辺から近鉄「針中野」駅や地下鉄「駒川中野」駅あたりまで、本校生が清掃に取組み、地域美化のお手伝いをさせていただきました。生徒の皆さん、お疲れさまでした。ありがとうございます。
さて、演劇部の府大会の詳細がわかりましたので、お知らせします。
【第32回大阪府高等学校芸術文化祭演劇部門】
◎日時 平成23年11月12日(土) 午前10時50分〜午前11時50分
◎場所 よみうり文化ホール(豊中市新千里東町)
     北大阪急行「千里中央」駅南へ300M
     大阪モノレール「千里中央」駅北へ80M

11月8日(火)
今週末に開催される演劇部の府大会の出場日時を決める抽選が本日行われます。決定した日時は明日、このHPでお知らせします。
さて、芸能文化科の演劇の授業は、特別非常勤講師の寺田夢酔先生にお願いしています。寺田先生は芸能文化科の1期生で「演劇集団よろずや」を主宰しておられます。その「演劇集団よろずや」の結成15周年記念公演についてお知らせします。
来る12/17(土)/18(日)にABCホールにて『バイバイ』(脚本・演出:寺田夢酔)が上演されます。プロ野球”広島東洋カープ”で1980年代後半に大活躍した、〔伝説の炎のストッパー〕津田恒美投手をモチーフに、作者の実体験を織り交ぜ、家族や仲間との魂の交流を描いた作品で、広島東洋カープ球団からの公認もいただいています。興味のある方は是非ご覧になってください。
◎演劇集団よろずや結成15周年記念公演 『バイバイ』
(日時)12/17(土)19時〜 : 12/18(日)13時〜・17時〜
(会場)ABCホール(大阪市福島区福島1−1−30
     阪神本線「福島」駅から南へ300M : JR環状線「福島」駅から南へ500M 
     京阪中之島線「中之島」駅から北へ500M
(料金)前売 3000円 : 当日 3300円 : 大学生&専門学校生 2500円 
    高校生以下 1500円
(問い合わせ)yorozuya1996@yahoo.co.jp


11月7日(月)
うれしいお知らせです。昨日行われた大阪府高等学校演劇研究大会G地区大会で、本校演劇部が最優秀賞を受賞しました。
そして、11/12・13に開催される大阪府大会に地区代表として出場することが決まりました。本番の舞台の出来はもちろん、日常の練習の成果がしっかりと結果に表れました。演劇部の皆さん、おめでとうございます。府大会でも自分たちの持てる力を存分に発揮してください。
【第32回大阪府高等学校芸術文化祭演劇部門】
◎日時 平成23年11月12日(土)・13日(日)
◎場所 よみうり文化ホール(豊中市新千里東町)
     北大阪急行「千里中央」駅南へ300M
     大阪モノレール「千里中央」駅北へ80M
※出演時間等は未定。詳細が判明次第、改めてお知らせいたします。



11月6日(日)
9時から、芸能文化科実習棟で行われている大阪府高等学校演劇研究大会G地区大会に出演している本校演劇部の発表を観に行きました。演劇は総合芸術です。舞台上での役者の演技を活かす装置・照明・音響などや脚本、演出等に至るまでバランス良くチームプレイで観客の心を動かす取組みです。今日の舞台を観て、適材適所でそれぞれが、自分たちの責任を果たしていたと感じました。演劇部の皆さん、お疲れさまでした。また、顧問の先生方や現役部員を支えていただいた先輩の皆様、どうもありがとうございます。



演劇部の発表を観たあと、第32回大阪府高等学校芸術文化祭書道部門の展示を大阪城ホール内の城見ホールへ観に行きました。本校からは、2年生の中尾優希くんと西尾奈菜さんの作品が選ばれて出展しています。並べて展示された二人の作品は、どちらもオーラのようなものを出しており、強く惹きつけられるものでした。

11月5日(土)
本日は校内模試を実施しています。1年生は全員、2・3年生は希望者が自分の現在の学力を確認するために取組んでいます。各教室の監督者は、いつものとおり、本校の卒業生にお願いしています。開始のチャイムとともに静かになった教室では、生徒たちが動かす筆記具の音だけが聞こえています。

10時30分から、関西進学セミナー松原教室の生徒さんや保護者の皆様を対象に、本校の教育活動について説明をさせていただきました。私からは、大切な”青春の3年間”を過ごす高校を選択することの大切さをお話しして、本校では、知力や体力を育てるとともに、その基盤となる「克己心」や「利他心」を育む様々な取組みを展開していることをお伝えしました。質疑では、食堂のメニューのことなどの質問を受けました。
中学生の皆さん、これからまだまだ学力は伸びていきます。最後まで、目標をしっかりと持って、自分の進路を切り拓いてください。行きたい高校の実際の様子を自分で確認してください。
参加された皆様には熱心にお聴きいただき、ありがとうございます。また、こうした機会を与えていただいた、関西進学セミナーの弓矢塾長様にもお世話になりました。ありがとうございます。

11月4日(金)
1時間めに、2年1組の「英語供廚亮業を観に行きました。担当の清国先生は、英語の歌を歌うことを授業の導入にしています。今日はCARPENTERSの「TOP OF THE WORLD」を生徒たちが歌っており、私と萩原教頭先生も一緒に歌うよう指示されたので、私は、あやふやな小声で、萩原教頭先生は大きな声でしっかりと、歌わせていただきました。
教室には”ハロウィン”の飾り付けが残っており、楽しく、明るい雰囲気のなかで、授業が展開されていました。



4時間め、体育館2階フロアに2年9組の体育の授業を観に行きました。事前に「鉄棒・平行棒・つり輪」が準備され、授業開始のチャイムが鳴る前に集合完了、準備体操が始められました。
本校の準備体操は「東住吉体操」という独自のものです。新入生は入学後1カ月ほど時間をかけて、この「東住吉体操」をマスターします。体育祭の準備運動も、もちろん「東住吉体操」で、全校生徒が一緒に行います。
今日の授業内容は、体操競技の基礎を習得するというもので、担当の吉川先生の指導のもと、生徒たちは、それぞれの種目にしっかりと取組んでいました。

5時間めに校内を巡回していると、下足室で芸能文化科3年生の「映像実習」の授業での収録風景に出会いました。特別非常勤講師の田中先生の指導のもとに、生徒たちは学科主任の久下先生と一緒に実習に取組んでいました。

11月3日(木)
全国高校駅伝・全国高校女子駅伝の大阪予選会が、大阪市の淀川右岸河川敷コース(男子7区間:42.195KM・女子5区間:21.0975KM)で行われ、本校陸上部も参加し、男子は54位(2時間34分00秒)、女子は32位(1時間29分47秒)と健闘しました。陸上部の皆さん、お疲れさまでした。


11月2日(水)
1時間めに「数学掘廚亮業を観に行きました。3年理系の少人数展開クラスで、生徒たちは担当の鱸先生から与えられた問題に果敢にチャレンジしていました。自分たちで問題についての疑問点や解法のポイントについて教え合ったりしていて、とてもモチベーションの高い生徒たちでした。
3時間めは、吉田先生が担当する、これも理系クラスの選択科目である「英語演習」の授業を観に行きました。まず、入試問題を演習するのですが、各大学から出題された問題を”資源エネルギー問題”というテーマのもとに編集して教材プリントが作られていました。この授業を通して、もちろん単語や構文を理解することも大切ですが、一般的な常識や社会的課題・問題に対しての認識を持つことも、英文読解などに大いに役立つことを改めて確認しました。


今週末の予定についてお知らせします。
◎11/5(土)校内模擬試験 1年生=全員 2年生=希望者(148名) 3年生=希望者(74名)
◎11/6(日)大阪府高等学校演劇研究大会 G地区大会
《東住吉高校》上演時間 9:00〜10:00(芸能文化科実習棟)
     「春巻さんちのお墓の前で」(作:黒川永海 補作:上野夏実、大村真弥)

6時間め、会議が早く終わったので廊下へ出ると、化学実験室から楽しそうな声が聞こえてきたので観にいきました。3年6組の化学兇亮業で「繊維の合成(高分子化合物の合成)」について実験しているところでした。担当の安達先生や深井先生の指導のもと、ナイロンを合成したり、ラテックスを酸で凝固させて生ゴムを作るという、具体的で分かりやすい作業に、生徒たちは楽しみながらも真剣に取組んでいました。

11月1日(火)
職員室前の掲示版に2年生(56期生)の修学旅行に関する情報が貼り出されました。12/6(火)から3泊4日の日程で台湾へ出かけます。台湾への修学旅行は3年めで、現地では育成高級中学(日本の高校にあたる)との交流をメインに、様々な取組みを実施します。

1年生(57期生)の進学講習について、申込みを受け付けています。自分の希望する進路実現のために、何をすべきかをしっかりと考えて、今、すべきことに全力で取組みましょう。
【講座】
《英 語》総合演習        毎週水曜日 15:30〜17:00(中A教室)
《数 学》下農の数学       毎週土曜日 14:00〜16:00(北B教室)
     受験数学のストラテジー 毎週金曜日 16:30〜18:00(1−4教室)
《全教科》本気の学習をする会   毎週木曜日 18:15〜19:00(物理講義室)