なぎさの風  

作詞 M谷 久子  
作曲 田村 文生  

  風はどこから吹いてくる
  まだ見ぬ未来の時の使者
  南指しゆく鳥の息
  あるいは胸にわき起こる
  熱き思いのさやぎかと
  なぎさを翔る新生の
  風の力を見つめる日
  なぎさを翔る新生の
  風の力を見つめる日

  山風川風 天地の
  季節を巡る時速し
  光と陰を宿す樹の
  若き心に降りそそぐ
  絶えることなき里の声
  なぎさに培う修練の
  風のうねりを見つめる日
  なぎさに培う修練の
  風のうねりを見つめる日

  みどり里山 淀の川
  燃えるまなざし志
  あふれる思いはひたすらに
  大海指して旅をゆく
  若き歩みに力あれ
  なぎさに結ぶ友情の
  風のきらめき見つめる日
  なぎさに結ぶ友情の
  風のきらめき
  風のうねりを
  風の力を見つめる日
  
愛唱歌「千の砂」へ 愛唱歌「千の砂」へ

Copyright (C) 2008- Hirakata_Nagisa High Scool.All Rights Reserved.