大阪府立平野支援学校
    
ホーム ご挨拶 アクセス 沿 革 本校の特徴 学校評価 支援関連 進路状況 学校協議会
いじめ防止 支援機器等教材を活用した指導方法 学校教育自己診断 教材教具紹介 学校日誌 事務室から
         


学校日誌はこちらをクリック↓
学校日誌
 
 アクセス数
アクセスカウンター
Last Up Date 2017. 8. 02
 
<お知らせ>  
「学校日誌」を更新、トップページにリンクボタンを掲載しました。(2017.08.02)
・夏季公開講座の様子を更新しました。(2017.07.25)
・高等部2年宿泊学習の様子を更新しました。(2017.07.18)
・「ひらの夏まつり」の様子を更新しました。(2017.07.05)
「本校の特徴」、及び「学校評価」のページを更新しました。(2017.6.28)
「本校の特徴(児童・生徒)」「本校の特徴(時間割)」「進路状況」のページを更新しました。(2017.6.27)




夏期公開講座「スライム活用術」
夏期公開講座1-1 夏期公開講座1-2
夏期公開講座1-3 夏期公開講座1-4

7月24日(月)14:00〜16:00

本校中学部教諭による教材づくりの講座。
 PVAのり、ホウ砂等を材料にして、「やわらかめ」「普通」「かため」「メレンゲ」の4種類のスライムを実際につくりました。スライムのかたさや形状によって、いろいろな教材につなげていけることを実感しました。
 さらにその発展編のひとつとして、つぶつぶ粘土(ちぎった発泡スチロールと少量のやわらかめスライムを練る)をつくり、加飾を施すことで、お寿司の食品サンプルづくりを体験しました。
 子どもたちのつくる活動、感覚あそび、絵本の疑似体験など、即授業で役立つ実践的な講座となりました。


夏期公開講座「食べる機能の発達と支援について」
夏期公開講座2-1 夏期公開講座2-2
夏期公開講座2-3 夏期公開講座2-4

7月24日(月)14:00〜16:00

 本校の療育相談でお世話になっている大阪発達総合療育センターより、2名のST(言語聴覚士)の先生をお招きして講座を行いました。
 @子どもにとって食事とは、成長過程や生活の中でどのような意味をなすのか。
 A摂食嚥下運動の分析。
 B脳性まひ児の食べることの難しさについて。
 C援助方法の実際。
 Dリスク管理について。
 これらについて、講義と実技(4種類の食形態を使って、実際に食べる・援助する体験)を交えての講座で、子どもにとってより安全で快適な食事指導のあり方を考え直すことができました。


高等部2年 宿泊学習
高2宿泊1 高2宿泊2
高2宿泊3 高2宿泊4

6月29日(木)〜6月30日(金)、神戸しあわせの村へ宿泊学習に行ってきました。
宿舎では、食事やお風呂など、友だちと楽しいひとときを過ごせました。屋外では、日本庭園でのオリエンテーリングや宿舎の庭でのドッチビーなど、自然を満喫した遊びで盛り上がりました。






児童・生徒作品「地球」昼

児童・生徒作品「地球」夜

児童・生徒による30周年記念作品
「地球」 






 
体育館に掲示されてある校歌(児童・生徒作品)


  
     
学校名 大阪府立平野支援学校(肢体不自由部門校)   
     
校 長 牛尾 慶一郎
   
郵便番号 547−0014 
   
住 所 大阪市平野区長吉川辺3−4−115
   
電 話  06−6707−6731・6751  ← ← ←     ★★ 入学、就学に関わる相談や支援相談等などこちらまでご連絡ください。学校見学等も受け付けております。
   
FAX 06−6709−2339
   
教育目標 一人ひとりの生命と個性を尊重し、障がいの実態と心身の発達に応じたきめ細かい教育を行い、豊かな人間性を育み、社会の一員として「強く」「明るく」「元気に」生きる力を育てる。
   
 通学区域 天王寺区(千日前通り以南)・生野区・阿倍野区・東住吉区(地下鉄玉出〜平野を東西に結ぶ線以北)・平野区
※上記5区(内2区は他校との重複)