本校の特徴
ホーム ご挨拶 アクセス 沿 革 本校の特徴 学校評価 支援関連 進路状況 学校協議会
いじめ防止 支援機器等教材を活用した指導方法  学校教育自己診断 教材教具紹介  学校日誌  事務室から 
                 
ホーム>本校の特徴
 
 
 本校の特徴
 児童・生徒
 学校行事
 行事写真
 施設の概要
 校 歌
 時間割
    本校では、一人一人の生命と個性を尊重し、豊かな人間性を育てる教育を進めるために、一人一人の実態やニーズ、年齢や心身の発達に応じたきめ細かいチームティーチングの指導に努めている。
 1.支援教育の推進
 支援教育を推進するにあたり、学校と保護者、地域、福祉、医療機関等と密接に連携を取りながら、自立や社会参加に向けた主体的な取り組みを支援する視点で、一人一人の子どもに応じた適切な指導や支援を行っていく。
 個別の教育支援計画を作成については、年度当初に「保護者アンケート」を実施し、家庭訪問等を通じて保護者と話し合い、それを元に諸機関と連携しながら学年やグループ、学部で検討を重ねて計画を作成し、学期末には達成状況を保護者に説明するようにしている。
 また、小・中学校等を支援するため、夏季休業中の公開講座等も実施している。

2.総合的な学習の時間の充実
 本校では、次の3つの学習を進めています。

 @サークル活動
 小学部・中学部・高等部の共同学習を重視しています。この学習を通じて、幅広く子ども同士の関係を広げる機会とし、教員間の指導に関する相互理解を深める機会ともなっている。 

 A学部活動
 学部ごとにテーマを決めて活動している。今年度のテーマは、小学部「大型遊具を使おう」、中学部「自分を知ろう、社会を知ろう」、高等部「将来の自分さがし」で地域の施設を利用する等、さまざまな取り組みを計画している。

 B体験学習
 学年やグループで買い物学習や乗り物学習等の体験学習を行っている。

3.進路支援の充実 
 月に1回、施設等の職員に来ていただいての「相談コーナー」を設ける等、小学部から高等部までの進路支援の充実を図っている。 

4.交流教育の充実
  隣接小学校とはフェンスの扉1枚でつながっている恵まれた環境で、昼休みの「ふれあいウェンズデイ」等の交流教育が盛んである。  小・中居住地校との交流や阿倍野高校との交流も積極的に進めている。

5.医療的ケアの充実
 医療的ケア委員会を設け、看護師3名が配置されている。子どもたちや保護者にとって安全、安心な医療的ケアを目指している。

6.施設・設備の充実  
 トイレットトレーニング室、ふれあい広場、パソコン室、からだの部屋、コミュニティホール等を整備し、施設・設備の充実を図っている。
 
7.読書指導の充実  
 図書館の利用が盛んで、毎週水曜日に絵本・ビデオ等を貸し出しているが、利用者が多い。年度末には、「読書の鉄人」として表彰をしている。