「ありがとう」が聞ける仕事をめざす

福祉という言葉には、「幸せ」という意味があります。福祉の仕事は、個人が幸せになるために周囲の環境を整えることと言えます。
どうすればその人が幸せになれるのか?どうすればより良い生活を送ることができるのか?
必死になって考え、実践していくことこそ、福祉の仕事です。

保育は、子どもたちの健やかな成長のためには何が必要か?どんな風に接すれば子どもたちは喜ぶのか?
試行錯誤を繰り返し、実践していく仕事です。

この系列では、福祉や保育を実践していく力を身につけることを目標に、専門的な科目を学びながら、
将来の生活・進学・就職につなげていくための各教科もしっかり学びます。
誰かの幸せのために努力する、その先にはきっと、「ありがとう」という言葉が待っています。

そんな仕事を、あなたも目指しませんか?



目指す進路


<福祉系>
介護職員初任者研修の資格を活かして福祉施設に就職
福祉系大学・短大・専門学校などへ進学

<保育系>
保育士や幼稚園教諭の資格取得を目指して大学・短大などへ進学


系列科目紹介
<介護資格講座>
近隣のスクールと連携し、授業時間を利用して1年間で介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)
の資格取得を目指します(費用は別途必要になります)。
<子ども文化>
実践的な保育活動に必要となる、遊び・表現活動・児童文化財などに関する知識を習得し、
実践活動へと繋げていきます。



系列科目一覧
<福祉系>
社会福祉基礎、社会福祉演習、こころとからだの理解、手話・点字、介護資格講座

<保育系>
子ども文化、保育表現技術、保育音楽、運動と遊び、ソルフェージュ