top

 電気技術の基礎からコンピュータネットワークまでを学ぶ。具体的には、電気機器と電力技術、電子工作、電気・電子回路等の電気・電子の技術に加え、ブロードバンド時代に対応した通信技術やコンピュータに関する技術等も取り入れた学習をする。

電気技術専科

 変圧器等の電気機器や発電、送電、変電、配電に関する電力技術の基礎を学び、卒業後にこれらの技術を応用できる能力を養う。また、国家資格(電気工事士・電気主任技術者・工事担任者等)取得への取組みを通して電気技術者としての知識、技術・技能を習得する。

  • 電気回路の基本的な計算方法を学ぶ。
  • 主に電磁誘導を利用した電力計器や遮断器等の動作原理や使用方法を学ぶ。
  • 発電・送電・変電・配電に係わる諸現象を理解し、電気エネルギーの応用と制御に関する基礎技術を習得する。

電子制御専科    新たに「第三種電気主任技術者認定校」になりました。

 コンピュータ等に代表される電子回路の働きや各種の制御技術の基礎を学び、卒業後にこれらの技術を応用できる能力を養う。また、国家資格(無線従事者・情報処理技術者・工事担任者等)取得への取組みを通して電気技術者としての知識、技術・技能を習得する。

  • 電気回路の基本的な計算方法を学ぶ。
  • 各種半導体素子の原理を理解し、これらを利用した電子回路の取扱い方を習得する。
  • コンピュータによる制御に関する基礎的な知識と技術を学習する。
counter