緊急時の対応について




大阪府に暴風警報が発令された場合

大阪市・東部大阪(守口市・枚方市・寝屋川市・大東市・門真市・四条畷市・交野市)のいずれか、または大阪府全域に暴風警報が発令された場合、テレビ等のニュースをよく聞いて、正確な情報をもとに、下記の要領で行動すること。

 1.暴風警報が午前6時までに解除された場合は、8時45分から平常授業を行う。
                                (8時35までに登校)

 
 2.暴風警報が午前6時の時点で発令されており、午前10時までに解除されたときは、
   実施する授業は原則として下記の通りとする。

    @授業
8時までに解除された場合 10時45分から【3限目の授業から】
(10時35分までに登校)
10時までに解除された場合 13時20分から【5限目の授業から】
(13時10分までに登校)

    A定期考査
     定期考査は開始時刻をずらして、原則として当日の予定科目をすべて実施する。
     開始時刻は@授業に準じることとする。

    Bその他
     前日に別途、学校より指示があった場合には、それに従うこと。

3.暴風警報が午前10時を超えて解除されないときは、休校とする。
4.テレビ・ラジオのニュースにより、大阪府教育長からの指示を優先する。
5.注意事項
 (1)学校への電話での問合せは、緊急時以外しないこと
 (2)登校の場合はその日のすべての授業の用意をすること。(時間割を変更する場合がある)
 (3)休校の場合は、登校を禁止する。
6.特別警報発令時について
 特別警報が発令されたときは、身の安全を第一に考えて行動すること。