暴風警報が発令された場合の措置について

台風等の接近時

当日は午前7時までのテレビ・ラジオ等のニュース・気象情報に注意する。
大阪府教育委員会の指示があれば、それに従う。

  
午前7時現在で、暴風警報が、貝塚市に発令されている場合
自宅で待機する。
午前10時までに(午前10時を含む)、暴風警報が解除になった場合
当日の全科目の準備をして登校する。
解除2時間後をめどに授業を開始する。
午前10時を過ぎても警報が解除されない場合
当日は臨時休業日とする。

※「特別警報」発令時も上記と同じ扱いとする。
※ 授業が午前中だけの場合や定期考査日の場合は、上記「午前10時」を「午前9時」として措置する。

補足

 地域により、小学校や中学校では、大雨警報なども措置の対象となっていますが、府立高校では基本的に警報については暴風警報のみが対象となっています。また、当然のことですが、身に危険が迫る中、危険を冒してまで登校する必要はありません。

 本校は、通学区域が府内全域となっていますので、公共交通機関の一部区間が不通の場合は、通学可能な生徒は通常どおり登校してください。通学不可能な生徒は自宅待機してください。