沖縄修学旅行Daily Report

27日

前半・後半ともに時間通りに関西空港駅南広場に集合、そのまま空港から飛び立ち、無事に那覇空港に到着した。天気、晴れ、那覇の気温22.5度。汗ばむほどの陽気と湿度が我々を迎えてくれた。バスに乗って一路東南植物楽園へ。途中、那覇市内を走るモノレールの建設現場が目に入った。植物楽園では池の鯉の食欲に声をあげたり、花一杯の道を思い思いに散策、アイスクリームは少々甘すぎたし、ジュースは非常に変わった味であった。

 楽園を出た後、安保の丘へ行く。楽園の中にいてもジェット機の轟音が耳をつんざいていたし、途中の道路の両横に基地の風景が延々目に入る。ここが沖縄であると思い知る瞬間であった。

午後4時過ぎホテルエッカに到着、6時から食事。料理は沖縄料理。生徒達の食欲は旺盛で多くの皿が空になっていた。

8時からは宮良ルリさんの講演があった。

<生徒より>

私はA団で、早いほうの飛行機に乗らないといけないから、5時半に起きた。でも、沖縄に行く楽しみのほうが大きくて、起きるのはそんなにつらくはなかった。

飛行機が離陸した、時みんな一斉に拍手していた。飛行機が空中に浮かぶ瞬間はとてもひしぎ名感じがあった。沖縄に近づいてきて、飛行機の窓から海が見えてとてもきれいだった。

 飛行機から降りたら太陽がよく照っていて1月とは思えないくらい暑かった。はじめにバスで東南植物楽園へ行った。緑がとてもきれいだった。沖縄のプリクラもとった。店でパパイヤジュースを飲んだ。少し甘かったけど、暑かったのでとてもおいしいと思った。他にもたくさんのフルーツがあった。それから安保の丘についた。アメリカの飛行機が降りるところは見れなかったけど、写真だけとった。

 ホテルについて夕食を食べてから宮良ルリさんの話を聞いた。私たちが学校で勉強した事が本当に体験されたのだとよくわかった。私は聞いているだけだからわからないけど、宮良さんの中では戦争の場面が頭に浮かんでいるのだろうと思った。最後に花束を渡したときすごく喜んで下さった。いろいろなもののたいせつさがわかるんだと思った。(文責:MT)

画像付きはこちら

28日

本日は壕(ガラビ、糸数)とひめゆり平和資料館、摩文仁の丘を4グループに分かれてまわった。壕の印象はこのあとの生徒のレポートを見ていただきたい。昨日の宮良ルリさんの話の後ということで、多くの生徒が非常に熱心に当時の資料や写真を見ていて、充実した平和体験学習であった。

夜はみゆきビーチでキャンプファイアーとクラスそれぞれの隠し芸大会が行われた。各クラスとも少ない時間を練習にあて、予定時間を大きくオーバーするほどの盛り上がりをみせた。

<生徒より>

今日はガマへ行った。おもってたよりも、とても怖かった。 朝、ちょっと雨が降っていたから、ぐちゅぐちゅですべりやすかった。ガマへ入ると、人骨の破片があってとてもびっくりした。

戦争の怖さが身にしみた。あんな暗くて何にもないところでずっといたなんて、悲惨すぎる。懐中電灯を消したら本当に真っ暗で、何にも見えませんでした。雨のために、ズボンがどろどろになって汚かったけど、いい体験ができました。

 他には、ひめゆりの塔と摩文仁の丘に行きました。そこには、戦争の写真とかがいっぱいありました。夜のレクリエーションも雨が少し降っていたけど、楽しくでき、結構盛り上がっていた。最後先生達の出し物「風になりたい」で先生方がとてもはじけていた。おもしろかった(文責:O)

画像付きはこちら

29日

昨日までは蒸し暑いほど陽気であったが、今朝は風が強く、長袖のシャツを着ていても肌寒い朝であった。天気は曇り、気温は推定17度ぐらい、今にも降りそうな鉛色の雲が空一面を覆っていた。

 本日はクラスごとの活動である。伊江島、王国村、琉球村、海洋博公園、いんぶビーチのグラスボート、サトウキビ刈りやコーヒー刈り等の農業体験、各クラスごとにあらかじめ決めた活動を行った。

 全クラスとも予定通りに出発、ホテルへの帰着時間はまちまちであったが、全クラスとも大過なく過ごすことができた。

 生徒達の多くが海岸を散歩したり、足まで海につかったりして海に親しみ、飽くことなく青く美しい海を楽しんでいた。

<生徒よりの報告>

(4組)私たち4組はまずグラスボートに乗りました。今日は風が吹いていて寒かったです。ボートが揺れまくって船酔いしている人も何人かいました。でも、ボートの下から見える海の景色は最高でした。

次にネオパークに行きました。みんな動物が好きみたいですごくはしゃいでいました。色々な動物がいました。猿とかカンガルーとかダチョウとかみんなとても可愛かったです。馬に服を食べられそうになっている人もいました。

 その後、やんばる亜熱帯園に行きました。昼食はここでとりました。メニューは非常に変わっているものがありました。アロエのお刺身を醤油で食べ、バナナの天ぷらとかマンゴーのキムチ等々、、結構おいしかったです。

最後は海洋博記念公園に行きました。小さな遊園地とかエメラルドビーチ、水族館などいろいろあって興味深かったです。みんなジェットコースターとかに乗って楽しそうでした。

今日一日、とても充実した一日でした。(4組 KY)

 

画像付きはこちら

30日

今日は最終日、天気は良いが風が少々強い。帰阪する飛行機の関係で、前半(5〜9組)後半(1〜4組)に分かれて行動した。聞けば大阪はこの冬一番の冷え込みとか、京都には雪が降ったらしい。なるほど沖縄にいればそんなことが夢のように感じられる。

前半組の出発が朝8時10分発のため、慌ただしい朝となった。後半組はその1時間遅れの行動となる。みゆきビーチから首里城まで約1時間、首里城で1時間程過ごしたのち、那覇ショッピングセンターでやや早めの昼食となった。そこからわずか15分で 空港着、前半組は1時、後半組は2時10分に空港を発ち、95分で関西国際空港に到着した。

 生徒達の多くは満足げで元気一杯、そのことが何よりの土産である。

戦争と基地の島、観光とリゾートの島沖縄、沖縄の様々な側面を体験したことが生徒達の最もよき思い出の一つになればと思っている。

文責(吉村)

画像付きはこちら


TOP Pageに戻る