にんぎょひめ

透き通った海の奥深くに人魚姫たちが住んでいました。末の姫が15の誕生日に海の上に浮かび上がって、船で溺れていた 人間の王子を救出し、恋心を抱く。
人魚姫は魔女のところへ行き、足と声の交換をしたが声を失った人魚姫は王子を助けたことを伝えられず
そのうちに事実は捻じ曲がり、王子は偶然浜を通りかかった娘を命の恩人と勘違いしてしまい、やがて結婚してしまう。
王子の流した血で人魚の姿に戻れるのだが人魚姫は愛する王子を殺せずに死を選び、海に身を投げ水の泡となってしまう。
アンデンテ/偕成社

40期情報の科学選択者によるwebページです。