ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバーという作品は、ある日突然自分が犯罪者にされてしまうという話で、物語が進むにつれて疑問が解決しては新たな疑問が生まれるという主人公にとっては何がどうなっているのかさっぱりわからない中で様々なことが起こっていきます。

伊坂幸太郎さんの作品は伏線がとても多く、序盤は何が何だかわからないが、中盤あたりからは、スリルを感じながら読むことができ、序盤のよくわからなかった描写が後に繋がった時には驚かされるのでとても面白いです。
伊坂幸太郎/新潮社

40期情報の科学選択者によるwebページです。