チョコレート工場の秘密

主人公の男の子、チャーリーが住む町には世界一大きくて有名なウォンカのチョコレート工場があり、その工場に5人の子どもたちが招待されることになりました。
チャーリーは見事、工場への招待券が入ったチョコレートを手に入れます。
工場の中にはお菓子でできた滝や森林、いつまで噛み続けても味が無くならないガムなどがあり、「こんな世界があればいいのになあ。」と思うような夢の世界が広がっています。
登場人物の一人一人がとても個性的で愛おしくなる本です。
ロアルド・ダール/作 柳瀬 尚紀/訳 評論社

40期情報の科学選択者によるwebページです。