バンビ

ウォルト・ディズニー・カンパニーによるアニメーション映画。
1942年8月13日公開のアメリカ映画。フェーリクス・ザルテンの『バンビ』を原作とする。
舞台は北アメリカ大陸に、主人公のバンビはヨーロッパの原作での小型のノロジカから、北米の大型のアカシカに置き換えられている。
ある春の朝、森の王様の子供としてバンビが生まれた。
バンビは仔兎のタンパー(とんすけ)やスカンクのフラワーと友人になり、また牝の仔鹿ファリーンとも仲良しになった。
夏、秋、冬と季節を経てバンビはすくすくと成長したが、その冬に母は人間に殺されてしまった。
大人になった春にバンビはファリーンと恋に落ちるが、晩秋再び人間が森に押し寄せ、その夜キャンプから出た火は森を包んだ。
妻のファリーンを助けたバンビは、翌朝川の中洲でようやく彼女に再会する。
また年はめぐり、ファリーンは双児を産み、バンビは森の王の地位を継いだ。
と言う、内容で感動しました。
ぜひ読んでみてください。
ザルテン 高橋健二 岩波少年文庫

40期情報の科学選択者によるwebページです。