フリーター家を買う

この本は、一度就職したものの、フリーターとなってしまった青年のものがたりです。最初は、根性なしのすねかじりないわゆる現代っ子な 主人公に自分もかぶっている気がして、身につまされる思いで読み進めました。 主人公は家族の状況、特に母親の心の病を知ってから変わり始めます。家族のために一念発起して生まれ変わろうとする 主人公には素直に感心しました。この本を読むことで、今までどれだけ周りの人たちに助けられていたか、自分は甘かったのか など、気付かされることが多かったです。自分のことや家族のことを見つめなおしたい、そんな人にオススメな本です。
有川浩/幻冬舎

40期情報の科学選択者によるwebページです。