下町ロケット

ドラマ化もされ、万人に認められた名作。もし友達に無理矢理薦められても、案外引き込まれて夢中になってしまうぐらい、
読み進める意欲を掻き立てる文章使いや内容となっています。冒頭は挫折から始まるストーリーです。突然、重要な取引先を失い倒産の危機を迫られた、主人公の「佃」の担う「佃製作所」。 しかしそこで、ある巨大企業が「佃製作所」有するロケット部品の特許技術に食指を伸ばしてきた...。夢を取るか、倒産の危機を脱するか。
その葛藤の中から織りなされる様々な人間模様が、正直ロケットの完成どうこうよりも見どころだと思います。
池井戸潤/小学館文庫

40期情報の科学選択者によるwebページです。