人はなぜ迷信が気になるのか‐迷信に秘められた日本人の知恵を知る‐

この本は昔の日本から現在の日本にかけての「迷信」について語られています。代表例を言うと「食事をしたあと、すぐに寝ると牛になる」「夜、爪を切ってはいけない」 「霊柩車を見たときは親指を隠せ」などがある。このような一般的なもののほかに、なぜこのような迷信が生まれたのか、なぜこのような信憑性の低い迷信が生まれたのか、 面白い迷信が書かれていてとても読みやすく、楽しい本です。ぜひ読んでみてください。
KAWADE 夢新書

40期情報の科学選択者によるwebページです。