個人と国家

ー今なぜ立憲主義か

この樋口陽一の『個人と国家ー今なぜ立憲主義か』は、個人、国家、自由、民主、人権、政教分離、そして憲法 。
自明のこととして普段何気なく使っているこれらの言葉の持つ本来の意味を考えながら、個人とって国家とは 何か、憲法とは何かを考えていく本です。
この本を読んで思ったことは、憲法の意味などが比較的わかりやすく 書かれているので少しでも興味があるのなら絶対に読んだほうがいいと思います。
また、興味のない人でも読ん でも損にはならない本です。
ぜひ、一度読んでみてください。
樋口陽一/集英社出版

40期情報の科学選択者によるwebページです。