文化の世界地図

世界の人種、民族、言葉、文字、宗教、食べ物、家族構成、生死・結婚・離婚、スポーツ、テレビ、携帯電話、インターネット、音楽、科学、マナーとタブーなどのことが
書かれている。絵や写真、グラフなども用いられており、とてもわかりやすい。
例えば、マナーとタブーでは韓国や中国では料理をすべて食べると「足りない」という意思表示になるので少し残すのがマナー。
世界のインターネットでは、インターネット利用者は世界で9人に1人。10年間で約70倍に増えたことがわかっている。
この本を読むと世界のことが知れて楽しめる!
編 藤田千枝 著 坂口美佳子/大月書店

40期情報の科学選択者によるwebページです。