野ブタ。をプロデュース

ドラマにもなった作品で、
改めて本で読んでみると、
とても面白かったです。
主人公の心の中で思っている
ことも書かれていて、
少し笑ってしまうこともありました。
編入生が来ると噂になり、
みんな女の子が来ると
期待していた時に、デブのオドオドした
男子が来たところは
予想外でびっくりしました。
仮面をつけて人気になっていた
つもりの主人公と
仮面をかぶらずに人気者になった編入生。
主人公が嫉妬しなかったのは、
彼はあくまでもプロデューサーだから
というのに納得しました。
河出書房新社/白岩 玄

40期情報の科学選択者によるwebページです。