阪急電車

この本は作品タイトルが阪急電車の駅名になっており、短編になっているので読みやすくなっています。
前の作品の主人公が次作に脇役として登場したり、ある作品で起きたエピソードが別の作品の冒頭に使われたり等、各作品はそれぞれ作品ごとの枠組みを越えて繋がっています。
関西に住んでいればどこかで聞いたことのある電車・駅名の物語。
楽しんで読めると思います!!
有川 浩/幻冬舎

40期情報の科学選択者によるwebページです。