大阪府立春日丘高等学校 サイトマップ  アクセス  お問い合わせ  英語版
 
ホーム 学校紹介 授業 学校行事 生徒会・部活動 進路 国際交流

国 語

 個性豊かな教師陣がそれぞれに味わい深い授業になるように努めています。授業で取り上げる教材に対する担当教員の共通した思いは、さまざまな作品を通じて 「話す力」「聞く力」「書く力」「読む力」を養ってほしいということです。
 主に1年次では、語彙力、文法力を核として基礎力を養い、2,3年次ではそれを土台として深く味わう力、自由に表現する力を養うことを指導の重点としています。 3年間の授業を通じて、言語感覚を磨き上げ、言語文化に対する関心を深めることで心情を豊かにしてほしいと願っています。
 また、国語の力をさらにつけたいと希望する人を対象に、土曜講座や夏期講座なども随時開講しています。
 生徒文集「あゆみ」
あゆみ 国語科では、毎年一冊の 生徒文集を発行しています。全生徒約九百六十名の中から優秀な作品約五十編を選び一冊の本に仕上げます。生徒達が日々の高校生活の中で、さまざまなことにときめき、 きらめき又、時に苦しみ涙して、そして成長してゆくーーそんな彼らの姿が、実感をもって描かれている「青春の一冊」です。
  各生徒はジャンルもタイトルも枚数も自由に選べます。それを大きく三つのジャンル「一般作文」「読書感想文」「創作」に編集し製本します。 中でも「創作」は原稿用紙二十枚を超えるような大作も少なくありません。内に秘めた「書かずにはいられない想い」に言葉を与え形にするという喜びを、 それは伝えています。
  また表紙や文中のカットも全て生徒の作品。美術選択者及び美術部・創作部の協力を得て、丁寧に美しく仕上げられます。 彼ら全員に配られるこの一冊は毎年二月発行。学年やクラスの締めくくりとして、生徒も教員も心待ちにしているそれはささやかな贈り物です。 彼らにとっては、まさしく「青春の一頁」として。教員にとっては彼らの「成長の証」として。
  個性豊かな国語科の教師陣が誇りにしているこの「あゆみ」と名付けられた生徒文集は、五十年以上の歴史を生徒とともにあゆんできました。 そしてまた、これからもあゆみつづけます。