TOP       学校長あいさつ 学校概要       小学部       中学部       高等部       枚方療育園 中学部

1.教育目標
「一人ひとりの生徒が心身の調和的発達の基盤を養い、さまざまな経験を広げ主体的な生活を送ることができる。」
 
 小学部(小学校)の教育の成果を引き継ぎ高等部へと発展させる
基礎体力の向上を図り、健康の保持・増進、生活習慣の確立をめざす。
基礎学力の向上を図り、主体的な主体的な態度を養う。
さまざまな経験を通し、社会性を養う。
     コミュニケーション手段の選択や工夫と、活用の向上を図る。
     
2.運営の重点
(1) 学部、学年、学級経営の充実を図る。
(2) 一人ひとりのニーズに応じた課題の設定を行う。
(3) 自立活動の指導内容と指導体制の充実を図る。
(4) 生徒を系続的、継続的に指導できるように教科の教材・教具・授業内容の工夫をし、指導体制を整える。
(5) カウンセリング・マインドをもって生徒指導を行う。
     
3.指導の重点
生徒の将来を見据えた「個別の教育支援計画」を作成し、一人ひとりの生徒の障がいの状況、発達の段階、生活のニーズに応じた教育に取り組むために、次にあげる内容を重点とする。
  (1)   学習指導
障がいの状況、発達の段階、学習到達度を的確に把握し、生徒のニーズ等に対応した学習グループを編成して個別指導、及び集団指導を行う。
生徒の実態及びニーズに応じて課題を設定しその達成に努める。
教材の精選、教具の工夫・開発に努め、わかりやすく楽しい授業の創造をめざし、基礎学力の向上を図る。
(2) 自立活動
生徒の障がいの状況、発達の段階、ニーズに基づいて「個別の指導計画」を作成し、段階的、系統的に指導を行う。
成長に伴って、生じやすい肥満や四肢体幹の二次変形、拘縮の予防に努める。
自立に向けて、生活能力の向上をめざし、日常生活の動作学習や作業学習を行う。
(3) 重度・重複障がい児教育
健康の保持・増進、体力の向上に努める。
日常生活リズムの確立を図る。
コミュニケーションの基礎的能力の向上に努める。
    生徒の実態・ニーズを把握し、「個別の指導計画」を作成し、重点課題の達成に努める。 
(4) 特別教育活動
生徒会活動を活発にするように努める。
学年、学級活動を活発にするように努める。
(5) 校外学習
学校内では得られない知識及び経験の拡大を考慮し、各学年の実態に即した校外学習を行う。