TOP       学校長あいさつ 学校概要       小学部       中学部       高等部       枚方療育園 小学部

1.教育目標 「児童一人ひとりが個性や可能性を発揮し、生き生きとした学校生活をおくる。」
(1) 生活リズムを確立して、健康な心身を育む。
(2) 人との関係を豊かにし、いろいろな物事に対する関心や表現力を育てる。
(3) いろいろな学習や自立活動を通して、考える力や生活に必要な知識を身につける。
2.運営の重点 (1) 学部、学年、学級経営の充実を図る。
(2) 一人ひとりの児童の事例研究を行う。
(3) 授業研究を行い教材・教具の製作を進める。
(4) 一人ひとりの児童に合った自助具の製作を進める。
(5) 保護者や医療機関との連携を密にする。
(6) 教員間の日々の情報交換を適切に行う。
  (7)  地域の小学校や地域との交流、または児童の居住地での交流を活発に行う。
 3.指導の重点  
児童の将来を見据えた「個別の教育支援計画」を作成し、一人ひとりの児童の障がいの状況、発達の段階、生活のニーズに応じた教育に取り組むために次に揚げる内容を重点とする。

(1) 児童の障がいの状況、発達状態の多様化に対応し、教育課題によって集団指導や個別指導の形態を適切にとり、きめ細かな指導を行う。
(2) 児童の障がいの状況や教育課題を考慮し、「個別の指導計画」を作成して日々の健康観察、排泄や食事等の指導の充実により、生活リズムを安定させ、体力の維持増進に努める。
(3) 自立活動や授業を充実させ、いろいろな働きかけを通して諸感覚を活性化させる。
(4) 児童同士や教職員との継続した触れあいを通して、情緒の安定を図り、外界に対する興味・関心を引き出す。
(5) 児童に応じた教材・教具の開発、制作に努め、指導方法を工夫して、興味・関心を喚起して効果的な指導を行う。
(6) 校外学習等の体験学習の充実に努め、児童の体験領域の拡大をめざした指導を行う。
(7) 家庭や医療機関等との連携を密にし、児童の教育を充実させるための支援体制を整える。
(8) 総合的な学習の時間等において、児童の障がいの状況に応じ、体験的な学習を中心とした指導を行い、「生きる力」の育成に努める。