「重力軽減環境訓練システム」(本校での愛称:楽スタ)
   ■詳しくはこちらのページをご覧ください。
      
(びわこ学園医療福祉センター草津 理学療法士高塩 純一先生のページ)
 
   
  ■本校での導入の様子
 
     平成24年4月より、使用を開始しました。
    
     小・中・高等部の児童・生徒約20名が楽スタを利用して学習しました。
 
     即時効果が大きく、1時限の学習でも授業後の機能向上が見られます。

     平成25年度より、「ヘッドコントロール支援システム」(本校での愛称:ヘッドサポート)を試験的ですが併用し、

     楽スタ対象児童・生徒の拡がりや、その効果の増加が見られました。

    


 
    平成26年9月より楽スタが3台増設され合計5台で実践できるようになりました。
     これで、すべての児童生徒が待つことなく楽しく活動できるようになりました。
     岸和田から新たな自立活動指導を発信していきます。


      

     
  増設された楽スタ                      運動学習室

     
楽スタ体験型教育相談を実施しています。ぜひ、ご活用ください。
     案内(PDF)


   NEW!!
「ヘッドコントロール支援システム」の改良

  
 
図1ウエットスーツ素材のベルト       図2 合成皮                図3 布製

 従来使用していた、ウエットスーツ素材のベルト固定(図1)では、装着面が時間の経過でずれてくる等の課題があるので、指導時間が短く、途中で中断を余儀なくされる事例がありました。そこで幼児用自転車のヘルメットを改良する等、工夫を重ねてきましたが頭部の固定性が弱く実現しませんでした。
 現時点では、タイガー医療器(株)の頸椎固定バンド(合成皮・布製 図2,3)を採用しました。この製品は本来頸椎牽引用の装置であるため、フィット感がよく、長時間の装着が可能になりました。そのため注視や頭部を回旋して教材を見渡すことができる等、子どもの表情が豊かになり、笑顔が見られるようになりました。
 今後、適応事例を増やし検証します。
下に使用動画もありますのでご覧ください!!


   
新しい楽スタフレーム

        

昨年度、時事通信社主催文部科学省後援の「第30回教育奨励賞」優秀賞を受賞し、新しい楽スタフレームとドレミマット簡易トランポリン等が購入できました。この機会に運動学習室の配置をリニューアルし、自作のフレームと新品を入れ替え、計5台のフレームを設置しています。また配置を工夫することで、前後転や簡易トランポリンをおいてジャンプする等、天井を気にせずダイナミックな活動ができるスペースを設け一度に6名の児童生徒が活動できるようにしました。今後、岸和田から進化した楽スタ指導を発信していきます。

 

  実際の授業の様子


    下に、8例の実践を紹介します。
 
    4人は初回の授業の様子です。

  
  (8人とも本人・保護者の了解を得て紹介しています。)


  ■ヘッドサポートを使ってのあぐら座位

    




  ■あぐら座位

    
 
  ■立位で下肢伸展と体重移動

    
 
 
  ■立位で体重移動とステップ

    



  スムーズな重心移動と介助歩行の取組

    

   ■楽スタで車いすブランコ

    

  楽スタシーティングで座位バランスが向上した取組

    
   楽スタシーティングで揺れを感じてリラックス


    




   NEW!!!改良したヘッドコントロール支援システム


    








自立活動部ページへ戻る
  
トップページへ戻る