〒532-0025 大阪市淀川区新北野2丁目5番13号
Tel: 06-6303-5661 Fax: 06-6303-3493
email z-kitano@sbox.osaka-c.ed.jp
 

1年生(133期生)宿泊研修
―琵琶湖方面~京都大学―

133期生が4月26日(水)から一泊二日、宿泊研修のために滋賀県の竜王町総合公園と京都大学を訪問しました。今回の研修の大きな目的は、

  1. 団体行動を通じて学年やクラスの協力関係を育む。
  2. 京都大学での講話や見学を通じて、進路や大学についての考えを深める。

の2点でした。

【1日目】

午前9時に8台のバスが北野高校を出発、約1時間のドライブを経て、竜王町総合公園に到着しました。天候は素晴らしく、絶好の研修日和となりました。 ファシリテーターの方々の自己紹介、恩知校長先生からの開会宣言の後、各クラスに分かれてレクリエーションを楽しみました。ファシリテーターの方が様々なアクティビティを用意されており、自然に仲間と打ちとける事ができたようです。

その後は昼食を取り、クラスレクレーション、学年レクレーション(大縄跳び)を楽しみました。どのクラスでも「全力で!」の掛け声の下、何事にも一生懸命取り組もうとする北野生の姿が印象的です。「だるまさんがころんだ」も、もちろん全力で取り組みます。大縄跳びは、1組が優勝し、校長先生からクラス代表へ表彰状が授与されました。

その後宿舎へ移動し、夕食を楽しみました。皆で協力しながら、お茶を準備したり、友人の座席を気遣ったりといった、さりげない優しさを垣間見ることができました。

入浴後、学年レクレーションへ。クラスのレクレーション委員が中心となり、アクティビティの考案、当日の進行を、責任を持って取り組んでくれました。人間知恵の輪、輪の中に何人入るかな、大喜利など、何事にも「全力で!」の姿勢で取り組みつつも、みんなの笑顔が溢れる会場となりました。総合優勝は4組でした!おめでとう!

【2日目】

 2日目は京都大学へ訪問しました。本校126期の卒業生で、現在法学部4回生の横地さんの挨拶、恩知校長先生のお話に続いて、学部紹介をして頂きました。中学校を卒業したばかりの生徒でもわかりやすい、笑いを交えながらの説明に、生徒は楽しんで学ぶことができたようです。 また、アメリカンフットボール前監督である西村大介さんに講話して頂きました。お話の中で2045年問題であるシンギュラリティ(人工知能が発達し、人間の知性を超えることによって人の生活に大きな変化が起こるという概念)に触れられ、「斬新でユニークな発想の重要性」について考えさせられる内容でした。

後半はキャンパスを見学しました。京大内の食堂で昼食をとった後、謎解きを頼りにミッションをクリアするラリー方式で、ワクワクしながらキャンパスを見学することができました。大学生活を身近に感じることで、自分達の進路について考えるきっかけになると思います。アメリカンフットボール部(GANGSTERS)の皆さん、本当にありがとうございました。

今回の宿泊研修を通して、

  1. 団体行動を通じて学年やクラスの協力関係を育む。
  2. 京都大学での講話や見学を通じて、進路や大学についての考えを深める。
の両目的は、多くの方々の協力と、何事にも「全力で!」学ぶ生徒の頑張りによって達成されたことでしょう。