特色ある授業

教養A
1年次必修

基礎学力の向上をめざし、各自にとって不十分な内容や苦手としている教科の補強を行います。

クラスに3人の教員が入る為、解らない問題があれば一対一で教えてもらえます。教材は工夫されており、パズルなどの楽しい教材が多くなっています。

1時間5枚のプリントをこなすことで学習時の集中力も養うこともできます。さらに自学自習の習慣を身につけることにも役立つ教科です。

教養B
2年次教養コース選択

熟語・故事成語・ことわざ等の意味の成り立ちを学ぶことによって、基本的な語学力の習得、および高校卒業までに漢字能力検定準2級程度の「漢字力」を目指します。

また、就職対策として民間企業および公務員試験等の一般常識問題や適正問題などに取り組むことによって、進路実現に向けての意識を高めていきます。

教養体験
2年次教養コース選択

グループワークや体験実習を通して、周囲の人との協調するための柔軟性やコミュニケーション能力を伸ばすための授業です。

  • グループ討論
  • プレゼンテーション
  • 課題制作

などを行います。

教養C
3年次選択

社会人に必要な幅広い教養を学習するコースです。一般常識演習問題、適正テスト、面接、履歴書指導など、就職試験に対応する力を伸ばします。

また、文書作成ソフト・表計算ソフト・プレゼンテーションソフトなどのパソコン操作や、社会人のマナーなど仕事に役立つ技能・知識を身につけます。

事務・販売職・公務員を目標とする授業となっています。

コース情報
2年次情報コース必修

タッチメソッド・文書作成ソフト・表計算ソフトの3つを大きな柱とした授業展開を行っています。 1学期にタッチメソッドの練習を行い、キー入力に慣れてもらいます。 2学期以降は文書作成ソフトや表計算ソフトを使用し、主に操作方法を学んでいきます。 どれもパソコン操作が苦手な生徒にも授業についていけるよう 、工夫した授業を行っています。

コース情報演習
3年次情報コース必修

2年次に学習した内容を深く学び、より実務的な内容を学習していきます。

  • 日本語ワープロ検定
  • 文書デザイン検定
  • 情報処理技能検定(表計算)
  • プレゼンテーション能力検定

などの合格をめざした授業展開を行っています。

近年では、より上位の検定試験を受験する生徒のために 個別で補習を行うなど、一人ひとりのニーズに合わせた授業を行っています。

ワープロ実務
3年次教養・造型コース選択

卒業後に必要となる文書作成ソフト、表計算ソフトの学習を主に行います。 情報コースほど深い内容の学習は行いませんが、資格取得を前提とした授業を行っているため、 就職や進学に役立てることができます。

また、3学期には卒業文集の制作も行っています。

アートワークⅠ
2年次造形コース必修

平面、反立体の作品制作やデザイン構成の作品制作を行います。

アートワークⅡ
3年次造形コース必修

点描、抽象化、ドリッピング、透視、アッサンブラージュ、マスキング技法を学習します。

ベーシックアートⅠ
2年次造形コース必修

図法、色彩、レンダリングの基礎学習、基礎形体、静物描画、立体による表現などを行います。

ベーシックアートⅡ
3年次造形コース必修

色鉛筆、鉛筆淡彩、油彩、顔彩・墨彩による表現の基礎技法を学びます。

クラフトワーク
3年次造形コース必修

陶器、ランプシェード、トンボ玉装飾品、皮ケース、銀装飾品の製作を行います。

デザインワーク
3年次造形コース必修

イラストレーション作品制作、立体ロゴ作品制作、ポスター制作などを中心に学習します。

Oral Communication
英語科3年次必修

この授業では、Native Speakerの教員と楽しく話すことを通じて英会話と外国文化を学びます。 習ったばかりの言い回しや知っている英語を繋げて、自分の考えを表現しましょう。 きっとあなたの世界が広がりますよ。もちろん、わからない部分は日本人の教員がサポートします。

さあ、Don't be afraid of making mistakes, and enjoy English!

ライフスポーツ
体育科3年次選択

新しいスポーツや従来から行われているスポーツを学習しながら、 スポーツの意義や必要性についての理解を深めていきます。 また、体力の維持・向上を図り、生涯を通じてスポーツを楽しむ姿勢や態度を養っていきます。 また、授業は男女混合で行います。

授業で行われる競技は、ターゲットバードゴルフ・ソフトバレー・インディアカ・バドミントン ・硬式テニス・ソフトボール・アルティメット・ショートテニス・キンボールなどです。

生活文化
家庭科3年次選択

食生活分野を中心に日本の伝統をはじめ世界の文化を学んだり、 実習や実験を行うことで、さらに多くの知識を習得することができます。

2008年度はレザーアクセサリー、刺し子クッション、米作りや専門学校 の先生を招いての調理実習などを行いました。2010年度は刺しゅうのステッチなども学んでいます。