学校案内

TOP > 学校案内 > 学校沿革

学校沿革

 

日本最大級の設備を誇る美術系専門高校です。

本校は、1984年に開校した「大阪府立港南高等学校」を母体として、2003年に開校しました。母体となった「大阪府立港南高等学校」は、開校当時から美術・工芸系の専門学科(モダンクラフト科・美術科)のある高校として、施設設備は日本最大級でしたが、2003年の学校改編にともない、新校舎「南館」の建設、グラフィック専用のコンピューター室、洋画室・日本画室・陶芸室を増設、新窯の複数設置、さらに最新の機器を導入した木工室、等、あらゆる分野で施設設備を充実させ、日本一の美術系専門高校である「大阪府立港南造形高等学校」が誕生しました。さらに2010年には、漆工芸室の新設とコンピューターの増設を行い、進化を続けています。

沿革

1981年6月
用地を大阪市より取得
1982年3月
大阪府議会において大阪府第150高等学校(仮称)の建設予算議決
1983年3月
校舎棟第一期工事着手
1983年6月
実習棟第一期工事着手
1983年12月
府議会において府立高等学校設置条例の一部を改正案可決。校名を大阪府立港南高等学校に決定
1984年1月
大阪府立港南高等学校初代校長に加藤正明、就任
1984年2月
校舎棟第一期工事竣工
1984年3月
実習棟第一期工事竣工
1984年4月
開校、第一期生入学
1985年2月
体育館工事竣工
1985年3月
校舎棟第二期工事竣工
1985年6月
プール工事竣工
1986年2月
実習棟第三期工事竣工
1986年3月
第三期工事(環境整備)竣工
1987年3月
第一期生卒業
1987年8月
第10回全国高等学校総合文化祭(美術・工芸会場)
1987年4月
第二代校長に中井隆、就任
1992年4月
第三代校長に松岡征士、就任
1993年11月
創立十周年記念式典拳行
1998年4月
第四代校長に植田武志、就任
2001年4月
第五代校長に山内勇吉、就任
2002年12月
府議会にて府立高等学校設置条例の一部を改正案可決。校名を大阪府立港南造形高等学校に決定
2003年1月
大阪府立港南造形高等学校初代校長に山内勇吉、就任
2003年4月
第二代校長に桑田芳治、就任
2007年4月
第三代校長に中島隆、就任
2010年4月
第四代校長に福島秀晃、就任
ページトップトップページ