交通アクセス【広域版】


学校周辺の地図などについては、こちらのページをご覧ください。


本校は近鉄南大阪・長野線か南海高野線の沿線にありますが、南海高野線を利用する方が時間的に早くなります。
いろいろな経路がありますが、以下にいくつかを例示します。

 1.JR:新今宮乗り換え
おすすめ度 ★★★
 2.地下鉄御堂筋線:難波乗り換え
おすすめ度 ★
 3.地下鉄堺筋線:天下茶屋乗り換え
おすすめ度 ★★
 4.関西空港の利用
飛行機利用の場合の方法


<方法1>−JRの利用
乗り換えが最も楽で、大阪では、近距離はJRが私鉄や地下鉄に比べ最も安価なので、実は一番お勧めです。
(JRでは大阪−新今宮間は180円で行けますが、地下鉄ならそれより短い梅田−難波間は240円もかかります)
JR大阪環状線の「新今宮」で下車し、西出口へ。
南海高野線に乗り換え。
JRからすぐ前に見えるホームが乗り場なので、階段を下りる必要がありません。
ここから「金剛」まで乗車します。金剛は全ての電車が止まりますが、快速急行・急行・区間急行が便利です。
快速急行・急行・区間急行は12分間隔で運転されています。快速急行ならどれでも、急行・区間急行の場合は「和泉中央」行き以外であれば大丈夫です。
金剛までは快速急行・急行とも4駅、約25分。区間急行は6駅、約30分。440円です。
(特急でも行けますが、座席指定券510円が必要で、時間もほとんど変わりませんので、あまりメリットはないでしょう)
金剛駅に着けば、あとはこちらを参照して行くことができます。


<方法2>−地下鉄御堂筋線の利用
大阪の大動脈である、地下鉄御堂筋線(みどうすじせん)を利用する方法です。
この方法は、始発駅乗車が出来るので、着席できる確率は高くなるのですが、難点は難波の乗り換えが大変なこと。
京阪や阪急を使用する方や、地下鉄にちょっとだけでも詳しい方なら、下の<方法3>をお勧めします。
大阪市営地下鉄の御堂筋線(色の路線)の「難波(なんば):M20」で下車し、南の出口へ向かいます。
(梅田の方から来られたら最も前の出口に向かいます)
南海乗り場まで歩きます。乗り換えは少し距離があり、また人が多いので15分ほど見ておく必要があります。
難波駅からは、同じ南海でも、和歌山に向かう「南海線」も出ていますから、間違えずに「高野線」のホームに向かいます。高野線ホームは1〜4番線です。
ここから「金剛」まで乗車します。金剛は全ての電車が止まりますが、快速急行・急行・区間急行が便利です。
快速急行・急行・区間急行は12分間隔で運転されています。快速急行ならどれでも、急行・区間急行の場合は「和泉中央」行き以外であれば大丈夫です。
金剛までは快速急行・急行とも5駅、約25分。区間急行は7駅、約30分。440円です。
(特急でも行けますが、座席指定券510円が必要で、時間もほとんど変わりませんので、あまりメリットはないでしょう)
金剛駅に着けば、あとはこちらを参照して行くことができます。


<方法3>−地下鉄堺筋線の利用
大阪の証券会社の間を走っている、地下鉄堺筋線(さかいすじせん)を利用する方法です。
この堺筋線は、京阪の「北浜」駅や、阪急京都線の「淡路」駅に直結していて、また大阪府庁のある「谷町四丁目」からも簡単な乗り換えで済み、その上、地下鉄と南海の乗り換えが近く、エレベータも設置されているので、結構便利です。
(乗換駅である「天下茶屋」駅は、十数年前には普通しか止まらなかったのに、高架化された現在は特急も停車するようになっています。)
大阪市営地下鉄の堺筋線(色の路線)の終着駅「天下茶屋(てんがちゃや):K20」で下車します。
南海乗り場へ向かいます。地下鉄のホームを上がればすぐに乗り換え口がわかります。
天下茶屋駅からは、同じ南海でも、和歌山に向かう「南海線」も出ていますから、間違えずに「高野線」のホームに向かいます。高野線下りホームは1番線です
ここから「金剛」まで乗車します。金剛は全ての電車が止まりますが、快速急行・急行・区間急行が便利です。
快速急行・急行・区間急行は12分間隔で運転されています。快速急行ならどれでも、急行・区間急行の場合は「和泉中央」行き以外であれば大丈夫です。
金剛までは快速急行・急行とも3駅、約20分。区間急行は5駅、約25分。440円です。
(特急でも行けますが、座席指定券510円が必要で、時間もほとんど変わりませんので、あまりメリットはないでしょう)
金剛駅に着けば、あとはこちらを参照して行くことができます。


<方法4>−関西国際空港から
大阪の泉州沖合にある「関西空港」。ここからは、金剛行きや河内長野行きのリムジンバスが出ています。これらを利用するという方法もあります。ただ、本数が少ない(金剛行きは1時間に1本程度)ので、本数が多く、時間も確実な電車を利用する方法を紹介します。
この空港には、JRと南海の両方が乗り入れています。JRでも簡単に行くことが出来るのですが、1枚の切符で済む南海を利用してみましょう。
関西空港」駅で、南海(右側)の改札から入場します。左隣にJRの改札があるので間違えないようにしましょう。
ただ、同じ南海でも、こちらは「南海線」、金剛のあるのは「高野線」なので、一旦乗り換えの出来る天下茶屋か新今宮に行く必要があります。
空港急行、または特急ラピート(特急は座席指定券510円が必要)で「天下茶屋(てんがちゃや)」か「新今宮」まで向かいます。
そこで高野線に乗り換えるために地下道を渡り、高野線のホーム(1番線)に向かいます。
ここから「金剛」まで乗車します。金剛は全ての電車が止まりますが、快速急行・急行・区間急行が便利です。
快速急行・急行・区間急行は12分間隔で運転されています。快速急行ならどれでも、急行・区間急行の場合は「和泉中央」行き以外であれば大丈夫です。
切符は関西空港駅で一気に金剛まで買うことが出来ます。トータルの所要時間は約70分、1060円です
金剛駅に着けば、あとはこちらを参照して行くことができます。