STUDY OVERSEAS 2010  

7月29日 オーストラリア・アデレードへ向けて出発

19名の生徒と付き添い教員2名、添乗員1名の合計22名が、午前11時発シンガポール航空619便にて関西空港を出発しました。午前9時に集合し、団体待合室で結団式を行い、前校長からの挨拶と、添乗員の有元さんから旅行直前の連絡や注意をいただきました。

 

経由地のシンガポールには同日午後4時半ごろ(日本時間で午後5時半)到着、流暢な日本語を話すコウさんというシンガポール人の添乗員さんの案内で、シンガポールの観光名所のひとつであるマーライオンを見学し、福臨門というレストランで中華料理の夕食を食べました。

 

1

 

4

 

5

 

 

シンガポールからのフライトは夜11:50発(12:50)で、アデレード到着は30日の朝8時(朝7時半)でした。シンガポールでの観光や夜中のフライトで、みんなかなり疲れている様子でした。アデレード到着後はヨウコさんという在アデレードの日本人の方の案内でアデレード市内のバス観光、郊外のハーンドルフという街の散策とビュッフェ形式の昼食を楽しみましたが、昼食が終わったころから観光気分は次第にうすれ、ホストファミリーとの対面に多くの生徒が緊張していました。

2

 

4

 

7

 

2時に生徒たちが英語の授業を受ける「SA ADELAIDE LANGUAGE CENTRE」に到着し、代表のSallyさんから歓迎のあいさつを受け、生徒たちの担当者であるBarbaraさんから学校や授業の説明を受けました。月曜からの授業は能力別に2クラスに分けるため、20分ほどのライティングテストが行われました。寝不足と観光で疲れているはずの生徒にはちょっとかわいそうでした。

 

3

 

その後3時半ごろからそれぞれのホストファミリーが生徒たちを迎えに来て、生徒たちは順番に学校を後にしました。最後の生徒はホストファミリーの仕事の都合で5時半とかなり遅くなりましたが、無事に迎えに来てくれ、生徒も安心した様子で帰っていきました。週末の2日間は基本的にホストファミリーとだけで過ごすことになるので、月曜日にどんな感想を聞けるか楽しみにしています。