校長通信

6月4日(木) 曇り
放送部「お昼の放送−創立記念日特別番組−」にゲスト出演

 今日は金剛高校30回目の創立記念日。30周年記念式典は来る11月21日(土)に実施しますが、今日は通常どおりの授業を行っています。とは言うものの、生徒たちとどこかで創立への思いを共有できないものかと考え、以前から誘いをいただいていた放送部の「お昼の放送」に、生出演しました。
 本校放送部は、毎年NHK杯放送コンテスト全国大会への出場を果たす実力派集団(昨年度は大阪府2位)で、学校行事の音響担当の他、毎日の「お昼の放送」、学校広報の映像やナレーション、テレビやラジオの作品制作で各種コンテストに参加するなど幅広い活動を展開しています。今日も、リハーサルなしのぶっつけ本番でしたが、ちょっと荘厳なオルガン演奏によるハッピーバースデイのBGMに乗って番組スタート、ゲスト(私のこと)紹介の後、2人のパーソナリティが上手なインタビューで、私の思いを引き出してくれます。そして、BGMはいつしか校歌に。何か、本物のラジオ局のスタジオに来たような錯覚に陥るプロ顔負けの演出とテクニックに魅せられたアッという間の20分でした。
 その後、1年生(記念すべき30期生)の学年集会で、金剛高校設立にかけた人々の思い、先輩たちのがんばりについて話をしました。みんなしっかり聞いてくれていました。

 校長として、30回目の創立記念日に立ち会えたことの幸せを噛みしめた一日でした。
放送部のスタジオで
「お昼の放送」スタジオ風景

放送部
放送後の記念撮影

学年集会
1年生の学年集会にて

↑ このページの最初へジャンプ ↑