校長通信

7月1日(水) 晴れ後雨
リサーチしたことを英語で発表−国際エリア指定科目「国際英語I」−

 英語を媒介として異文化理解を深め、国際感覚を身につけるとともに、英語による発信能力を養成することを目的とするエリア指定科目「国際英語I」の授業(担当:英語科 栗本栄里子首席)を見学しました。
 今日は、各自がインターネットを使ってリサーチした海外事情を基に、訪れてみたい国のようすとその理由を英文にまとめ、それを暗誦により発表するという内容です。かなりの長文ですので、メモを見ながらという生徒も多かったのですが、全員がしっかりと発表していました。今日はレシテーションコンテストという形をとっていたので、担当の栗本首席とグレゴリー先生、ウィリアム先生2名のネイティブの先生方が、内容、語彙、発音等々を評価し、最後に講評が行われました。かなり緊張している生徒が多かったのですが、ネイティブの先生方が上手に生徒たちを乗せ、英語で表現する楽しさが十分に伝わってくる授業でした。

※ 8月19日、20日には、国際エリアの生徒たちを中心に、ネイティブの先生方等の協力を得て、「オーバーナイト」プログラム(英語合宿)を実施します。

国際英語授業風景
国際英語Iの授業
AET

AET
二人のネイティブの先生とともに
発表
発表している生徒

↑ このページの最初へジャンプ ↑