校長通信

8月26日(水)晴れ後曇り
「学校保健委員会」で「新型インフルエンザ」対策について学習

  本日午後2時より、「学校保健委員会」を開きました。テーマは、もちろん、「新型インフルエンザ対策」ということで、今年度は、PTA常任委員のみなさまを中心に多数の保護者にご参加いただきました。
 学校側の取組を報告した後、学校医の児島先生、学校薬剤師の坪佐先生から現在の感染状況や今後の動向、学校、家庭での予防対策について講演をいただきました。特に、部活動での感染防止の強化策、家庭や学校での滅菌・消毒法等について、非常に具体的なお話がありました。
 保護者からは、「高3生で、麻疹の予防接種もしなければならないが、そのタイミングについて」「ワクチン接種費用や輸入ワクチンの安全性について」「マスクの効用」etc. たくさんの質問があり、どれにも丁寧に答えていただきました。今後、どのような状況が訪れるのか想像のつかない部分もありますが、どんな時にも学校と家庭が、情報を共有しながら力を合わせ、最善を尽くしていかなければなりません。今日は、そのための第一歩となる意義深い委員会となりました。

学校保健委員会

学校保健委員会


↑ このページの最初へジャンプ ↑