校長通信

12月24日(木) 晴れ
2学期終業式

 以下のような内容です。

1)校長式辞
●2学期を振り返って
 8月の始業式では、「困難な中でこそ集団の真価が問われる。新型インフルエンザの流行が予測されるが、文化祭も、修学旅行も、いつも以上の質のものをみんなの力で創り上げよう!」と呼びかけました。まったくその通りに、困難を乗り越える中で、集団の絆を深め合ったみんなは、すばらしい。
●ことばについて
 ことばには2つの役割があります。意思を伝達することと心を伝えること。誰にも、「あの一言で救われた」「あの一言でがんばれた」そんなことばがあったはず。それは、『人と人をつなぐことば』、『人を生かすことば』。同時に人を傷つけ、死にも追いやる凶器にもなるのがことば。日本には古代からことばには魂が宿るという『言霊』信仰があります。ことばが持つ力の大きさを人々が感じ続けていたことの証です。本日配布する『人推委便り』をよく読んでください。そして、ことばをたいせつに、人の心をたいせつにできる人になってください。
●各学年へのメッセージ
1年生→「マイレージ」の取組で家庭での学習習慣を身につけ始めた人がたくさん出てきた。今からやれば、大きく伸びる。より多くの人が参加してがんばってほしい。
2年生→修学旅行は成功のうちに終わった。これからは、進路に向けて一直線にがんばろう!
3年生→推薦で進路を決めた人もいるが、これからが本番という人がたくさんいる。今が一番しんどい時かもしれないが、がんばろう!進路の決まった人は、何が仲間を支えることになるのかを考えて協力してほしい。

2)生徒会認証式

3)クラブ表彰式等
◆ 陸上部、ソフトテニス部、柔道部、男子硬式テニス部、軽音楽部、野球部
◆ 書道関係  全大阪書道コンクール学校賞等多数
◆ 校内読書感想文コンクール

4)教務部長より 成績についての注意

5)生指部長より 薬物についての講話
終業式・校長式辞


↑ このページの最初へジャンプ ↑