校長通信

1月28日(木) 曇り
2年「ワンテーマ探究講座」発表会

  本日5、6限、2年生「発信」(総合的な学習の時間)の研究発表大会がありました。「ワンテーマ探究講座」とは、6つの分野(「環境」「働く」「町」「子ども」「国際」「命」)の中から、班ごとに研究テーマを決め、(単なる調べ学習ではなく)外部機関を訪ねたり、校外での調査やインタビューを行ったりという探究活動を行いながらその研究成果をまとめあげていくものです。今日は、最終的に選ばれた12の優秀作の発表会で、プログラムは以下のとおりです。
  1. 「大阪狭山市の水」(環境)
  2. 「グリコ販売の秘密」(働く)
  3. 「富田林の水質について」(環境)
  4. 「城下町(大阪狭山市)」(まち)
  5. 「紙芝居」(子ども) *優勝
  6. 「臓器移植」(命)
  7. 「あなたはキノコ派?タケノコ派?」(まち) *準優勝
  8. 「日本語教材づくり」(国際)
  9. 「自衛隊について」(働く)
  10. 「代理出産」(命)
  11. 「安楽死・尊厳死」(命)
  12. 「子どもの遊び」(子ども)
 ほとんどの発表はパワーポイントを用いたプレゼンですが、中には寸劇や紙芝居の実演を取り入れるような工夫もなされ、金剛高校生の「伝えようとする心」と「豊かな表現力」が発揮されました。「チームとして、自分たちで設定した課題に取組み、多くの人にしっかりと発信する」これからの社会を生きていくのにもっとも必要な力を、金剛高校の「発信」(総合的な学習の時間)で磨いていければと思います。
ワンテーマ探究講座
「臓器移植」班。PowerPointと模造紙の両方を使った発表です。
ワンテーマ探究講座
「代理出産」班。寸劇を交えた発表です。
ワンテーマ探究講座
見入る生徒たち。後ろは審査員。

↑ このページの最初へジャンプ ↑