校長通信

11月25日(木) 晴れ
1年「職業人インタビュー」学年発表会

 「普通総合選択制」である本校は、2年生からのエリア選択が進路実現に大きく関わってくることから、1年次からガイダンスに力を注ぎ、特に「総合的な学習の時間」では、生徒たちがさまざまな出会いと経験を通して、自ら将来設計する力を養うための系統的なプログラムを実行しています。(*「校長通信」10月7日5月27日参照)

 そのひとつ「職業人インタビュー」は、生徒たちが自分の知りたい「職業人」に自ら交渉し→企画書を提出→夏休みを利用して仕事の現場を訪問して聞き取り→レポートを作成→クラス内発表→学年発表(ベスト14) という形で進行し、今日はその「学年発表会」の日でした。本校の実践に注目してくださっている株式会社リクルートからも、4名の見学がありました。(写真)

 インタビューは教師、保育士、看護師、管理栄養士、警察官、消防士、ゲームクリエイター、通訳者、FM局のDJ、ガス漏れの保安指令センターで働く人等々。何となくわかっているつもりでいた職業でも、生徒たちのレポートから教えられたこと、気づかされたことが多々ありました。そういうインタビューを可能にするのは、聞き手の素直な探究心と語り手の仕事にかける誇りや情熱なのだろうと思います。きびしくもやりがいに満ちた職場の臨場感がどの発表からも伝わってきました。 

 現場でプロに聞くという貴重な体験は、きっと自らの未来を切り拓くエネルギーになっていくことでしょう。



発表する生徒たち

リクルート社のみなさん

生徒のレポート

↑ このページの最初へジャンプ ↑