校長通信

1月21日(木) 晴れ
2年生、「多文化共生」をテーマに交流会
  〜日本に暮らす外国籍の人々を招いて〜

 グローバル化、少子高齢化が進む中、今後外国の人たちとの協働、共生は必至であり、多様な文化や考え方を理解し、尊重する態度を養うことは、ますます重要となります。
 本日の5,6限、2年生では、近隣の大阪大谷大学(3名)、大成学院大学(1名)の中国人留学生のみなさん、府立住吉高校の米国(2名)、タイ(1名)からの留学生のみなさん、府立長吉高校の中国籍(1名)、ブラジル籍(1名)の生徒さん、地元富田林市内のお店で働くネパール人のコックさん(2名)等を講師としてお招きして、お話を伺いました。

■第一部(5限)クラス交流会
 HR委員の司会で、自国の文化や習慣、日本に来られた経緯や日本について思うことを話してもらいました。

■第二部(6限)パネルトーク
 学年が二つの会場に分かれて、「日本に住む(働く)こと」をテーマに、本日の講師のみなさんにパネルトークしてもらいました。

■放課後 交流会
 生徒有志との交流会。すっかり打解けて、みんなで楽しい時間を過ごしました。

 短い時間ではありましたが、同世代に近い人たちの生き方や思い、考え方に接して、一人ひとりが何かを学んでくれたらと思います。




クラス交流会の様子

第二部 パネルトーク

放課後の交流会でお点前を披露する茶道部

↑ このページの最初へジャンプ ↑