校長通信

7月18日(月) 雨
障がいのある方々の「夏祭り」イベントでボランティア交流
 〜「生活文化エリア」とヒューマンネットワーク部〜

 今日は、本校「生活文化エリア」(福祉分野)の2年生16名とヒューマンネットワーク部8名の生徒たちが、地元の「地域生活総合支援センター」(ゆう)の主催する、知的障がいのある方の外出活動を支援するイベント『ぼーけんじま』(会場:すばるホール)に参加しました。テーマは「NATSU-MATSURI」です。

 「生活文化エリア」の生徒たちは、やきそば、おにぎり、ジュース、たこせん等(飲食ブース)や(ゲームブース)でのお手伝いの他、ステージでレクリエーションゲーム(金魚釣り大会)を行いました。このゲームは「地域実習」担当の山本一之教諭の指導の下、生徒たちが手作りで準備してきたもので、場内とても盛り上がりました。

 また、ヒューマンネットワーク部の生徒たちは、顧問の出雲佳代子教諭とともに、障がいある方々とペアになってブースを回ったり、ゲームを楽しんだりしました。

 しっかりと役割を果たし、さりげなく気遣い、自然体で心通わせる生徒たちの姿に、感動です。


飲食コーナーにて

ゲームの準備をする生徒たち

ゲームの司会をする生徒たち

↑ このページの最初へジャンプ ↑